2016年02月18日

探究T 発表会(2月10日)

 2月10日(水)、本校大講義棟にて探究T発表会を行いました。1年次全員が入学以来取り組んできた探究Tの活動のうち、最後の取り組みがテーマ新聞づくりです。1月に各講座内でテーマ新聞発表会を行って各班の取り組みを共有すると共に、講座代表班の選考も行いました。

16021001.jpg16021002.jpg

 大講義棟で行った全体での発表会では、7つの代表班が順次発表しました。1年次全員で行う探究Tの発表会は今回が初めての取り組みでしたが、発表をした生徒たちは、限られた時間の中で自分たちの考えを全体に伝えていくことの難しさを感じつつも、期待をはるかに超える素晴らしい発表をしてくれました。また各発表が終わる毎に様々な質問があり、代表班もその質問に対して的確に回答していました。
 代表班の発表後は、大阪教育大学科学教育センター仲矢史雄特任准教授より講評をいただきました。仲矢先生からは同一性と相違に注目すること、数字の意味を知ることなど、レポートや論文を作成する際のポイントを生徒が作成した新聞を用いてお話しされました。また、今回の発表会では各班の発表が終わる毎に様々な質問がありました。祥雲生の前向きな姿勢を高く評価していただき、積極的に質問することが発表者と聴衆の両方にとって有意義な発表会になるということも強調されました。

16021003.jpg16021004.jpg

 続いて関西学院大学総合政策学部小池洋次教授より「グローバル化って何だろう?」というテーマで講演をいただきました。圧倒的な速さで進んでいるグローバル化について、私たちがもっと敏感になり正しい認識を持つ必要があること、そのためには情報感度を上げておくことなどを先生の豊富な経験を交えてお話されました。また私たちが持つべき姿勢、高校生に向けてのメッセージなど貴重なアドバイスをいただきました。

16021005.jpg

 堂々と自分たちの考えを述べた発表生徒たち、そしてその発表を積極的な姿勢で聞いた1年次生全員、みんながこの祥雲館で確かに成長していると感じさせてくれた発表会でした。
仲矢先生、小池先生をはじめ、多くの方に支えられてこの発表会を無事に終えることができました。本当にありがとうございました。
posted by 三田祥雲館 at 16:25 | 兵庫 | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。