2016年07月31日

全国総合文化祭1日目 天文部

天文部は7月30日より広島大学で開かれている全国総合文化祭 自然科学発表部門に参加しています。天文部の代表として3年生3人で参加しました。
今日は朝、三田を出発し、昼過ぎに広島大学へ到着しました。正午よりサタケメモリアルホールで開会式が行われました。今大会のマスコットキャラクター、「もみおん」も開会式に駆けつけてくれまいた。地学部門は2会場に分かれての開催です。私達の発表は第2会場の一番最後でした。

今年は地学部門には全国33都道府県の代表がエントリーしています。どの発表もしっかりと研究されたレベルの高い発表でした。私たちは2014年に引き続きおこなった、小惑星sandashounkanの自転周期を求める研究成果を行いました。
模型を用いて、私達の仮説を専門外の生徒にも分かりやすく、伝える工夫をしました。無事に発表を終えることが出来てホッとしています。

宿舎は呉市です。広島大学からはバス、電車を乗り継ぎ1時間半の所要時間で、少し疲れました。今夜は呉市の海上花火大会をやっていました。ホテルが海の近くなので、みんなで見物に出かけました。きれいな花火に旅の疲れも癒やされました。

明日は午前中が研究発表の続き、そして午後は記念講演と、生徒交流会があります。明日もがんばります!


IMG_20160730_113646.jpg

IMG_20160730_123726 のコピー.jpg

開会式には”もみおん”も駆けつけてくれました。

IMG_20160730_164536.jpg

IMG_20160730_165443.jpg
光度変化から、小惑星の形、自転軸の向きをどのように考えたか、を模型を用いて解説しています。

IMG_20160730_204536.jpg
宿泊地・呉では花火大会をやっていました。
posted by 三田祥雲館 at 00:28 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。