2017年06月23日

「Minor Planet Bulletin」に記事が掲載されました。(天文部)

 昨年の夏に組み立てた自作望遠鏡ケレス3を用いて小惑星Penelopeを観測しました。観測は今年の1月に行い自転周期を3.75時間と求めました。この成果をまとめた論文が6月22日に発行された専門誌Minor Planet Bulletin Vol44-3に掲載されました。
 天文部にとって4本目の英語論文になります。天文部は現在、7月15日に神戸で行われる3rd Science Conference in Hyogoの準備を進めています。天文スキルに加え科学英語力をつけて,
今後も成果を世界中にドンドン発信したいと思っています。
記事は http://www.minorplanet.info/MPB/MPB_44-3.pdf からダウンロードできます。

17062201.png
自作望遠鏡「ケレス3」で観測した成果です。

17062202.jpg
Minor Planet Bulletin は小惑星観測の結果が集まる専門誌です。

17062203.jpg
私たちの記事です。

17062204.jpg
部員の名前が記されています。

< 報 告 >
 6月6日(火)の午後1時20分ごろ、学校から彩雲(さいうん)が観測されました。彩雲は雲の中の粒子の違いで回析し雲を虹色に輝かせる現象です。詳しくは気象庁のホームページをご覧ください。http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq13.html

17060601.jpg

10分ほどで虹色は消えてしまいましたが、珍しい現象を捉えることができました。
ちなみに彩雲は吉兆(良いことが起こる前触れ)とされているようです。正に祥雲(めでたい雲)ですね!
17060602.jpg
posted by 三田祥雲館 at 10:14 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。