2017年07月21日

3rd Science Conference in Hyogoへの参加(天文部)

天文部は7月15日(土)に神戸ポートアイランドの理化学研究所で行われたScience Conference n Hyogoに参加してきました。これはSSH兵庫咲いテク事業の一環の行事でタイトル通り、最初の開会行事、特別講演、研究発表、閉会行事にいたるまで全て英語で行われるという科学英語尽くめの行事です。中間テストが終わった、5月下旬からしゃべランチに部員全員で毎日、参加するなどし英語の猛特訓をして本番に臨みました。
 兵庫県内の9校から33件の発表がありました。天文部は“The Occurrence time of the large solar flare in solar cycles”の発表タイトルで、8月の全国総文で発表する太陽フレアの研究成果を発表しました。

17071541.jpg
合計3回の発表がありましたが、全員で分担して1回4人のチームで発表を行いました。

17071542.jpg
発表後の質疑応答も全て英語です。参加しているALTの先生方からもたくさん質問をして頂きました。チームで相談し一生懸命回答しました。

17071543.jpg
会場内は各ブースともたくさんの人が訪れ活発な質疑がなされていました。

天文部は夏休み中にもアメリカのオレゴン州立大学からImamura教授をお招きし講義を受ける予定です。科学英語のスキルをさらに向上させていきたいと思っています。

posted by 三田祥雲館 at 18:53 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。