2017年10月01日

アメリカンフットボール秋季大会 vs県立三木高校

平成29年度兵庫県高等学校アメリカンフットボール秋季大会
9月18日(月)vs三木高校 @関西学院大学第3フィールド
    1Q 2Q 3Q 4Q TB  計
祥雲館  0  0  7 10  6 23
三 木  7  0 10  0  0 17

 秋の公式戦の第3戦です。ここまで0勝2敗の祥雲館は決勝トーナメントに進出することはできませんでしたが、このチームで戦う最後の試合に全力で挑みました。

 試合開始直後に、相手にロングパスを決められてしまい、先制を許します。オフェンスは谷郷(3年)のランや東尾(3年)・米澤(3年)へのパスで攻め込みますが、要所で相手に止められてしまい、得点を奪えません。

DSC00954.JPGDSC01809.JPG

 後半開始早々、オフェンスはテンポよく前進し、最後は三宅(2年)から松村(2年)へのタッチダウンパスが決まり、同点に追いつきます。しかし、直後のディフェンスでタッチダウンを奪われるなど、7−17で第4Qに入ります。第4Q開始直後には重松(1年)のランで攻撃に勢いを与え、最後は谷郷のランでタッチダウンを奪います。2点コンバージョンでは米澤へのパスが決まり、15−17と2点差に詰め寄ります。そして試合終了間際には、相手選手が自陣のエンドゾーンでニーダウンをしてしまいセーフティ(自殺点)となり、祥雲館は17−17の同点に追いつき、延長戦(TB)に突入します。

DSC01875.JPGDSC01633.JPG

 TB表の三木の攻撃は、祥雲館が0点に抑え、裏の攻撃に繋げます。TB裏の祥雲館の攻撃は、松村と堀家(1年)のナイスブロックが決まり、谷郷がゴール前1ヤードまで走ります。最後は三宅のランで逆転のタッチダウンを奪い、試合終了となりました。
この秋大会には3年生が4名残ってくれました。受験勉強との両立は大変でしたが、後輩の良き手本として、これまでチームを支えてきてくれました。本当にお疲れ様でした。また、この試合にも多くの保護者の方々やOB・OGが応援に駆けつけてくださいました。本当にありがとうございました。

DSC01606.JPGDSC01955.JPG

 すでに祥雲館は1・2年の新チームとなり、春大会に向けて始動しています。ミーティングを重ね、自分たちに足りないことは何なのか、どういうチームを目指すのか、自分たちはどうなりたいのか、など一つ一つのテーマに対して真剣に話し合っているところです。春大会まで200日を切っていますが、1日も無駄にせず、チームの目標に向けて取り組んでいこうと思います。今後も応援よろしくお願い致します。
posted by 三田祥雲館 at 15:38 | 兵庫 | Comment(0) | TITANS & VIXENS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。