2017年11月28日

男子バスケットボール部通信 vol.9 ★新人戦丹有地区予選:県立篠山産業高等学校

11月12日(日)

本日は丹有地区新人戦が行われました。
初戦は篠山産業高校です。篠山産業高校は前日に篠山鳳鳴高校に勝利しているため,
ここで負けてしまうと,篠山産業高校が1部との入れ替え戦に出ることが決定してしまい,
県大会に出ることができなくなってしまいます。

1511831290307.jpg

序盤は終始,三田祥雲館高校ペースで試合が進みます。
相手の力はこちらよりもかなり格上にも関わらず,こちらの速攻からのシュートが上手く決まり,
さらに3Pシュートも効果的に決まったこともあり,2ピリオドの途中には最大9点のリードを奪います。

1511831298073.jpg  1511831347287.jpg

しかしながら,後半になると篠山産業高校の3Pシュートが決まるようになり,
さらに課題のスクリーンアウトが徹底されておらず,リバウンドをとられて,
シュートを決められるシーンが目立つようになります。3ピリオドの終盤にはついに追いつかれてしまいます。

4ピリオドの途中まで粘りますが,終盤のスタミナが付いていかず,最終的には12点差で負けてしまいます。
結果は
 三田祥雲館69( 19-12, 19-23, 18-21, 13-25 )81篠山産業
でした。
(12点差は丸々4ピリオドの点差でした……。)

これで,県大会の出場はなくなってしまいましたが,チームとしてはいい戦いができたと思います。各個人の良いプレーも随所で見られた試合でした。
しかしながら,肝心の「チームとしての公式戦1勝」を果たすことは出来ませんでした。篠山鳳鳴高校との試合では,この試合で見つかった課題をもとに,1勝ができるように頑張っていきたいと思います。

posted by 三田祥雲館 at 18:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子バスケットボール部通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。