2017年11月30日

「食文化」の授業(実習:日本料理)

11月30日(木)、明日からはもう師走です。1年あっという間です。


DSCN5795.JPG


今回の「食文化」の実習では、おせち料理に挑戦しました。


一番だしをとります。とてもいいにおいです。

その後、二番だしもとりました。(二番だしは型抜きしたあとの野菜などを煮込みます。野菜の切れ端もかやくご飯に入れたりと、無駄しないで使います。)

DSCN5804.JPG


DSCN5807.JPGDSCN5842.JPG


伊達巻は、お魚のかわりにはんぺんを使用します。

すりつぶしたはんぺん、卵、だし汁をフードプロセッサーに。

DSCN5803.JPG


弱火でじっくり焼き、焦げ色がついたら裏返して軽く焼きます。

DSCN5817.JPGDSCN5824.JPG


巻きやすいように、包丁目をいれ、端からしっかりと巻き、巻きすに巻いたまま冷まします。

DSCN5829.JPGDSCN5833.JPG


お雑煮の具材の準備です。飾り切りもします。

人参は「梅人参」。上手く切れました。下ゆでします。

DSCN5810.JPGDSCN5826.JPG


ゆずの飾り切りは「松葉ゆず」。香りがとってもいいです。

DSCN5828.JPG


田作り。↓ これはできあがりです!アレンジでつぶしたアーモンドを入れました。

DSCN5811.JPG


芋きんとんも作ります。

DSCN5827.JPGDSCN5844.JPG


飾りかまぼこを先生に教わります。

みんな真剣なまなざしを先生の手元に向け、説明を聞いています。

DSCN5836.JPG


並行して、片付けもきっちりとします!!!

DSCN5852.JPG


盛りつけまで1時間足らず。相変わらずの手際よさ!

とてもきれいにできあがりました。見るからにおいしそうです。



DSCN5845.JPGDSCN5850.JPG


DSCN5838.JPGDSCN5853.JPG



☆おせち料理といえは、難しいというイメージ。思いのほか、簡単に作れるということがわかりました。

飾り切りなどとても楽しい作業でした。家でも作ってみたいと思います!!!





posted by 三田祥雲館 at 18:45 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。