2017年12月18日

「ビブリオバトル(書評合戦)」で発表しました!

12月16日(土)「ひょうご子ども読書活動推進フォーラム」が神戸市でありました。

そこでのビブリオバトル中学生・高校生大会に、2年小嶋くんが発表者として参加しました。

はじめに4会場に分かれビブリオバトルを行い、各会場のチャンプ本4名による決勝があります。

DSCF4556.JPG
発表の後、質問を受けています。

投票の結果、決勝に進むことになりました。

DSCF4589.JPG
大ホールでの発表です。

緊張しながらも本の魅力がしっかりアピールできていました。


小嶋くん推薦の東野圭吾著『パラドックス13』が最も多くの支持を受け、チャンプ本に選ばれました!!!


IMG_1471.JPG
表彰式の様子。


DSCF4632.JPG
新聞社の取材も受けました。

IMG_1480.jpg
友だちも応援に駆けつけてくれました!!!


☆ビブリオバトルは書評合戦です。

以下のような公式ルールがあります。(細則は略しています。)

1 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2 順番に一人5分間で本を紹介する。
3 それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2〜3分行う。
4 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、
 最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。
(参加者は発表参加者、聴講参加者よりなる。)


他の人の発表を聞いて、読んでみたいと思う本がたくさんありました。

本を読むことって、自分の周りの世界が広がる本当にすてきなことなんだなぁと思えた一日でした!!!
posted by 三田祥雲館 at 18:38 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。