2018年01月01日

明けましておめでとうございます!(2018祥雲館の初日の出)

新年 明けましておめでとうございます。
今年のブログ初めは「インスタグラム風 初日の出」です。

DSC_5641.JPGDSC_5619.JPG
リフォレと雲の隙間から初日の出を見ることができました。

DSC_5630.JPGDSC_5647.JPG
南東側は今春開業予定のSanda Mahoroba Brezza(三田まほろばブレッツァ)の工事も進んでいるようです。

DSC_5649.JPGDSC_5640.JPG
南西側 講義棟  北西側 体育館 運動場の先にはメガソーラーが見えます。

DSC_5638.JPGDSC_5646.JPG
北東側には正門 そして雲海をバックに関西学院大学が見えます。

DSC_5652.JPGDSC_5655.JPG
そう、ここは修理を終えて、再び時を刻み始めた時計塔です。

DSC_5660.JPGDSC_5658.JPG

2018年の「戊戌」という干支が意味するものは、勢い良く葉が茂る様子や大いなる繁栄を意味する十干の「戊」と、十二支の「戌」(いぬ・じゅつ)は、枯れた木や滅亡を意味する十二支の「戌」、「比和」という関係によってその威力を最大限に強めつつ、でもどちらに転ぶかは不安定な境界線上にあるといわれます。
 ただ、樹木に例えるならば、「茂りすぎたり、枯れた樹木は、幹を見定め伐採してやれば、次の生長が促される。」
本質を見誤ることがなければ、過去に縛られずに決断・実行すれば繁栄に繋がる年だと思われます。

変革のスタートになる今日から、受験生の皆さん1日1日を大切に過ごしていきましょう。

posted by 三田祥雲館 at 11:46 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。