2018年01月04日

「食文化」の授業(実習:フランス料理)

12月21日、「食文化」の授業は実習。
今回は、ローストチキン、ビュッシュ・ドゥ・ノエルを作りました。

前の授業でフランス🇫🇷の伝統行事を学びました。

フランスの宗教的な行事はお菓子と深く結びついています。クリスマスに食べるお菓子と言えば、「ビュッシュ・ドゥ・ノエル」が有名です。
焼き上がった生地にクリームを塗ったあと、ロール状に巻きます。マカロンのきのこ、かわいく焼き上がりました。

DSCN6030.JPGDSCN6036.JPG

切り株のように飾り、クリームで木の皮も表現します。最後に甘い雪を降らせました。
DSCN6065.JPG


焼いたトマト、ブロッコリーとともにローストチキンを盛りつけました!!!
とってもおいしそう。
DSCN6044.JPGDSCN6054.JPG

じゃがいものスープも作りました。
DSCN6032.JPGDSCN6052.JPG

ローストチキンにマンシェットを巻きました。
赤や緑でクリスマスらしいテーブルコーディネートです。
DSCN6071.JPGDSCN6070.JPG

2017最後の実習でしたが、とても楽しく取り組むことができました。




posted by 三田祥雲館 at 10:59 | 兵庫 ⛄ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。