2018年01月26日

SS探究T ディベート大会

1月24日(水) ディベート大会

各講座内で優秀なディベートとされた6組がディベートを行いました。
1月上旬に代表班が発表されてからしっかりと調査・対策を行ってきました。
今日はその成果を発揮する日です。

生徒代表から開会の言葉がありました。
DSCN6390.JPG

学校長より挨拶。
DSCN6397.JPG

ディベート第一戦目は「大学入学共通テストを廃止し,センター試験を復活すべきである。是か非か。」というテーマでした。
立論・反対尋問・反駁・最終弁論としっかり述べられていました。
とくに反対尋問においては相手の立論を否定するために鋭い質問がありました。
「大学入学共通テストは複数回受験になり,お金をもっている人が有利になってしまう制度であるとありましたが,センター試験を用いた現行の受験制度でも私立大学の受験などはお金をもっている人が有利になるので,大学入学共通入学テストだけがお金をもっている人が有利とは言えないのではないですか。」
といいつつ,具体的なセンター試験や私立大学の受験料を示せていたのは素晴らしかったですね。
DSCN6411.JPGDSCN6415.JPG

反対尋問と反駁の間にある作戦タイムでは巻き返しのチャンスです。
しっかりとグループで反駁・最終弁論の計画を立てていきます。
DSCN6471.JPG

ディベート第二戦目は「血液による性格判断は信頼できる,是か非か。」というテーマでした。
一見すると,否定側が圧倒的に不利なようにも思えますが,肯定側もなぜ信頼できるのかというのを外国の研究調査などを用いて必死に主張を行っていました。論理的に説明できていたように思えましたよ!
DSCN6463.JPGDSCN6478.JPG

ディベート第三戦目は「学校は積極的に宿題を出すべきである。是か非か。」というテーマでした。
なぜ宿題を出すといいのか,逆にダメなのかは感情論だけで主張してもディベートでは勝利できません。双方のグループとも外国の論文で発表されたことや,国内の具体的な調査・事例が提示されていました。
DSCN6505.JPGDSCN6520.JPG

審査をする生徒たちも真剣そのものです。挙手で投票を行い,その場で結果を発表します。
DSCN6475.JPGDSCN6449.JPG

司会・掲示をしてくれた生徒たちののお蔭で円滑にディベート大会が進むことができました。
DSCN6386.JPGDSCN6500.JPG

今回のディベートに関して,また今後の探究活動・社会に出てからディベートがどのように役立つかというのを校長先生より好評をいただきました。
今後の勉強・生活においてしっかり生かしていきましょうね。
DSCN6541.JPG

生徒代表から閉会の言葉がありました。
DSCN6549.JPG

これでSS探究Tの最後の目玉のディベート講座が終わりました。
ここからは,SS探究Uに向けて,2年次生の探究U発表会や2回の基礎学習を通してしっかり学び,自らのテーマを探究していきましょう。
posted by 三田祥雲館 at 10:24 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。