2018年05月25日

男子バスケットボール部通信vol.19 ★丹有地区高等学校総合体育大会:県立篠山鳳鳴高等学校

4月28日(土)

三年次にとっては最後の丹有総体でした。
これまでやってきた練習の成果を発揮するために頑張ります。

1525610866978.jpg

しかし,試合は序盤から苦戦を強いられます。
新人戦でも当たった篠山鳳鳴高校ですが,前回と同様キープレイヤーを押さえるのに苦労します。
1ピリオドは9−11とほぼ互角でしたが,2ピリオドの途中から3Pシュートやミドルシュートへのチェックが甘く,点数を稼がれてしまいます。
タイムアウトを取って流れを変えようとするものの大きく点差が開いてしまい,前半を終えて22(9-11, 13-26)37と15点差を開けられてしまいます。

1525610853023.jpg 1525610850804.jpg

後半に入ると相手のディフェンスを崩すために,作戦を立てますが,SGの3Pシュートが決まらず苦戦を強いられます。
リバウンドに関しても,オフェンスリバウンドをとってセカンドチャンスまで持っていけることを狙いますが,
相手の徹底したスクリーンアウトの前に簡単にリバウンドをとらせて貰えません。

結果として,52(9-11, 13-26, 13-13, 17-21)71で負けてしまいました。
1年次がチームに加わったことにより今までとは違うディフェンス,オフェンスのパターンは見出されています。
しかし,最後の県総体で1勝を目指すために,ゴールデンウィークからの練習試合でしっかりチーム力を上げて行こうと思います。
posted by 三田祥雲館 at 20:31 | 兵庫 | Comment(0) | 男子バスケットボール部通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。