2018年08月11日

ふれあい看護体験に参加しました!

7月25日に兵庫中央病院、8月2日、3日に三田市民病院で開催されたふれあい看護体験に、本校の2年次生6名と3年次生12名が参加しました。
ふれあい看護体験とは、実際の看護現場を体験することで、高校生に看護への理解を深めてもらおうと各病院が企画・運営して下さっている職場体験活動です。

18072501.jpg18072502.jpg

生徒の感想
・「常に笑顔を意識していたけれど、患者さんの病気によっては笑顔でいられない場面などもあった。大変な一面も知ることができて良かった。」
・「担当して下さった看護士さんが優しくて、仕事ぶりが格好良かった。」
・「看護士への憧れがより強くなった」など。

 どの生徒にとっても貴重な体験になったようです。兵庫中央病院ならびに三田市民病院の関係者の皆様、ほんとうにありがとうございました。
 尚、上記以外にも8月1日には県立柏原病院に2年次生1名、8月3日には宝塚市民病院に1年次生1名がお世話になりました。また、8月末には北播磨医療センターのふれあい看護体験に2年次生1名が参加します。
posted by 三田祥雲館 at 12:10 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。