2019年11月17日

近畿高等学校総合文化祭京都大会自然科学部門発表会

11月16日(土)〜17日(日)、京都工芸繊維大学で開催された近畿高等学校総合文化祭自然科学部門発表会に、科学部生物班の3名が参加しました。これは、昨年の県総文で優秀賞を受賞したことで頂いた推薦によるものです。
A0ED2853-C2B6-47F1-B512-1C32A4116584.jpgB3A9433F-43CD-4318-A914-76B02DF2AB95.jpg
生物班は、先週の県総文と同じく「プラナリアの外来種はどこまで広がるか2」のテーマでポスター発表を行いました。
初日は発表会終了後、巡検があり、「深泥池観察」のコースに参加しました。秋晴れで紅葉が美しい中、神秘的な池の自然を楽しみました。
E6C81783-9B1A-4A14-9FA2-BF53C61600EB.jpg37232107-0590-4059-927C-85E06AD1DA51.jpg
2日目もポスター発表です。多くの方に聞いていただいて、有意義な交流をすることができました。
68BC28C1-0E02-48B7-A9EC-74F8CCEEA123.jpg
生物班は、来年の全国大会な出場が決まっています。このような場で頂いたアドバイスをもとに、研究をブラッシュアップさせていきましょう♪
posted by 三田祥雲館 at 15:52 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。