2019年11月16日

RoboCupJunior2020 シーズン・イン

こんにちは、科学部Robotics班です。11月16日に開催された「第9回ネクストチャレンジ」(阪神ブロック主催)を【team.祥雲】mentorが、報告します。(「mentor」というのはチームにおける保護者を意味します。)

RoboCupJuniorは、30ページに及ぶ競技規定を読み、ロボットを自作しプログラムを製作、選手は試合に臨みます。
既製品やキットがあるわけではなく、設計・製作には多くの時間が費やされます。また、自ら判断する自律型ロボットですのでリモコンを使った操作もできません。試合可能なプログラムが出来ている段階でスゴイことだと思います。
競技大会開催中は、mentorを含む大人との会話も制限されますので、故障・不具合も選手たちで解決します。
「設計」「製作」「プログラミング」「ゲームメイク」「トラブルシュート」など総合力が問われます。
ロボカップジュニアジャパン公式サイト http://www.robocupjunior.jp/

まずは「World League Soccer Light Weight」

20191116_013425031_iOS.jpg20191116_034917172_iOS.jpg

【R storm】(立命館宇治中学校・高等学校)
【team.祥雲 L】 (兵庫県立三田祥雲館高等学校)
【sanda Gakuen Physics】(三田学園中学校・高等学校)
【双炎】【無双】(尼崎市立尼崎双星高等学校)以上、5チームのリーグ戦を行いました。

20191116_043437598_iOS.jpg20191116_054750257_iOS.jpg
20191116_054950655_iOS.jpg20191116_054714260_iOS.jpg

「Light Weight」は赤外線パルス発光ボールを使った総重量1.1kg以下のクラスですが、動作速度は上位クラスと変わらないので軽量化と高剛性共に実現しないとリーグ戦を行うことが出来ません。
「電子部品を満載した機械同士がぶつかり合う競技」ですので、製作技能が大きく問われます。

次に「World League Soccer OPEN」

20191116_034859225_iOS.jpg20191116_034907782_iOS.jpg

【team.祥雲 A】【team.祥雲 S】 (兵庫県立三田祥雲館高等学校)
【双龍】【無双】(尼崎市立尼崎双星高等学校)以上、3チームのリーグ戦を行いました。

20191116_050423204_iOS.jpg20191116_050930961_iOS.jpg
20191116_051053247_iOS.jpg20191116_051750531_iOS.jpg

【team.祥雲】の2020Modelは、CADソフトFUSION360を利用し機体設計を行い、CNCフライス盤、3Dプリンターを利用して部品を加工する為、一見すると同じようなロボットに見えますが、中を構成するパーツはそれぞれ異なります。エンジニアとしての力量が問われます。
「外観・構成パーツをみれば強さは判ります。」が、試合に勝つためには、「センサー・CPU・モーター・バッテリー残量等の状態把握」、「衝突等による機体損傷・故障」など、試合までにシミュレーションを行いプログラミングを行うのですが、試合を行うと想定していなかったシチュエーションが発生します。
その場で対応できるかがプログラマーには問われます。
【ONE TEAM】となれたのはどこでしょうか?

結果発表
「World League Soccer Light Weight」
 第1位 【team.祥雲 L】  4戦全勝
「World League Soccer OPEN」
 第1位 【team.祥雲 A】  4戦全勝

20191116_080311396_iOS.jpg20191116_080526118_iOS.jpg

RoboCupは7月に開催される世界大会【RoboCup2020ボルドー大会】に向けて2020シーズンインとなりました。
私たちが所属している「阪神ブロック」は1月 各ノード大会(地区予選)、2月 阪神ブロック大会(地区本選)が開催され、4月に開催される【2020 RoboCupJuniorJAPAN in Wakayama】出場チームを選考します。

20191116_081612489_iOS.jpg

ノード大会には、ロボット製作・調整に間に合わなかったブロック所属チームも多く参加されます。一つ一つ問題点を解決して、より良いロボットに仕上げていきましょう。
posted by 三田祥雲館 at 22:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。