2020年04月15日

PBG.3 臨時休業中における各年次の取り組み  by 校長

IMG_2999.jpgIMG_3003.jpgIMG_2987.jpg

 学校のソメイヨシノもここ数日の雨風で、葉桜が見られるようになりました。今日は、午前中、年次の先生方が生徒の皆さんに郵送する学習教材、プリント類の袋詰めを行っていました。年次によって、発送日が異なりますが、明日以降の発送で、近々自宅に到着することと思います。

 本校は、生徒がスマホやタブレットで使用できるグループウエア「ネットコモンズ」で、臨時休業中の課題に関する質疑、奨学金に関する照会などを受け付け、担当の先生方から、「ネットコモンズ」で回答しています。

 例えば、3年次の「ログ」を見ると、数学、英語、国語、世界史など、様々な科目について、生徒からの質問に、先生方が丁寧に答えています。質問は時間を問わず受け付けることができますので、生徒の皆さん、遠慮なくネットコモンズを活用して、学習のことはもちろん、生活のことや悩みなど、相談してください。

 2年次は、1日の生活リズムや学習リズムが保てるように、学校の時間割に見立てて学習を進めるよう、「連絡プリント」で指示しています。50分で1科目を学習し、昼休みを挟んで6コマ分の家庭学習に取り組んでいます。スマホやタブレットで「ネットコモンズ」にアクセスし、8:30頃と15:10頃の点呼時に健康チェックをしたり、学習面や生活面で質問したりしています。

 1年次は「ガイダンスブック」を作って、入学したばかりの生徒にとって家庭学習が円滑に進められるよう、懇切丁寧にアドバイスしています。1年次も「ネットコモンズ」を活用しています。

 今後、本校職員も、学校や在宅で勤務しながら授業再開後に順調にスタートが切れるよう、準備を進めています。臨時休業中も、ICT機器を活用して生徒とのつながりを大切にしていきます。
posted by 三田祥雲館 at 13:14 | 兵庫 | Comment(0) | 校長ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。