2020年07月24日

PBG.38 3年次生徒「夏を制する講演会」&3年次保護者会  by 校長

IMG_3459.jpgIMG_3462.jpgIMG_3467.jpg
IMG_3473.jpgIMG_3469.jpgIMG_3474.jpg

 7月22日午前(4時間目)、3年次生徒を対象に「夏を制する進路講演会」を開催しました。講師として河合塾の方をお招きし、今年度実施の大学入試に関してご講演いただきました。大学入試の種類、国公立大学と私立大学の一般選抜、入試改革の動き、大学入学共通テストや昨年度入試の結果を分析した入試の傾向、そして、今年度実施入試の最新情報など、大学入試に挑戦する3年次生徒に、熱のこもった説明で、有用な情報をいただきました。特に講師の方から「学校の授業を大切にこれからも学習を進めていくこと」を強調されたことで、今後の学習の指針が再確認でき、入試対策への不安を緩和できたのではないかと思います。今年度は臨時休校のため7月末まで授業が続き、夏季休業は8月1日から23日までとなり、例年より短くなりますが、私たち教職員は、通常の授業はもちろん、学習マラソンや補習のさらなる充実など、本校ならではのきめ細かな対応で、生徒とともにこの夏を、そして夏以降を、乗り切る覚悟で取り組みます。

 午後(14:00から約1時間半)、本校と本校育友会の共催の3年次保護者対象の進路説明会に、保護者約150名の方がご出席くださり、生徒の心の支え役としてともに乗り切っていただくために、まず、河合塾の方から大学入試に関する必要な情報を提供していただきました。次に、進路ガイダンス部長、年次主任から、これまでの経験を踏まえてそれぞれお話ししました。

 新型コロナ感染症の感染拡大により、入場前の参加者全員への検温、アルコールによる手指消毒、座席の指定をお願いしご協力いただきました。会場は、窓や出入り口を常時開放するとともに、熱中症対策として新たに冷風機を3機導入し暑さの緩和に「活躍」しました。

 今年度の入試に新型コロナ感染症の影響を踏まえ、計画的かつ着実に生活することが鍵だと考えられます。感染拡大を予防する「日常生活」(3密の回避、ソーシャルディスタンスの確保、熱中症を考慮したマスク着用、手洗い・手指消毒など)をしっかり意識し、この時期を乗り切ってほしいと思います。

 さあ、17回生の生徒の皆さん、いよいよ「18の春」に向けて「暑い夏」の始まりです。「過去は変えられないが、未来は変えられる・・・未来を変えるのはあなたです。」自らの夢の実現に向けて、最後まであきらめず自分自身と勝負してほしい!

posted by 三田祥雲館 at 00:48 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 校長ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。