2021年04月06日

丹有リーグ第3節 篠山産業戦(男子サッカー部)

4月3日丹有リーグ第3節 篠山産業戦
三田祥雲館5−1篠山産業

主力の故障などでベストメンバーではない試合であったが、サブのメンバーが奮闘し、大勝することが出来た。サブのメンバーにとってはよい経験になったゲームである。これで3連勝となったが、次戦は三田松聖戦で互いに全勝対決となる。リーグ前半の山場となる試合であるので、選手たちの奮起を期待したい。監督 岸浩正

いつもと少し違うスタートメンバーで臨んだ一戦、少しいつもと違う雰囲気に地に足つかない選手もいたが、主力のメンバーなしでも5得点することができた。しかし気が抜けたシーンで1失点してしまったのでそこは改善していきたい。主将M
posted by 三田祥雲館 at 09:11 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 男子サッカー部日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。