しっかりと気を引き締めて頑張っていきましょうわーい(嬉しい顔) 祥雲の舎窓からvol.43 2年次「理科実験講座(生物)」ひらめき vol.42に続き、理科実験講座が登場です! この日はなにやら机の上が紙のついたて(?)だらけ。 それを倒すようにテニスボールが転がっていってます。 新しいボーリングゲーム??? いえいえ、こちらはれっきとした 「捕食者(ヤマネコ)と被食者(ウサギ)の個体数変動」についてのシミュレーションなんです。 L字型に折った厚紙:ウサギ、テニスボール:.." />

2008年05月07日

ボウリングでシミュレーション?

GWもあっという間に終わり、気がつくと中間考査もすぐ目の前目
しっかりと気を引き締めて頑張っていきましょうわーい(嬉しい顔)

祥雲の舎窓からvol.43 2年次「理科実験講座(生物)」ひらめき

vol.42に続き、理科実験講座が登場です!

この日はなにやら机の上が紙のついたて(?)だらけ。
それを倒すようにテニスボールが転がっていってます。
新しいボーリングゲーム???
080501_sb_1.JPG

いえいえ、こちらはれっきとした
「捕食者(ヤマネコ)と被食者(ウサギ)の個体数変動」についてのシミュレーションなんです。

L字型に折った厚紙:ウサギ、テニスボール:ヤマネコに見立てて、
厚紙(ウサギ)を立てたところにテニスボール(ヤマネコ)を転がしてボウリングのように厚紙を倒していき、両者の数がどのように変化していくかをシミュレートします。


<ルール>
ヤマネコはウサギを3匹倒して食べないと生きていけません。捕食2匹以下は死亡してしまいます。
ウサギは倒されなければ生きています。
生き残ったヤマネコとウサギは次の年(次のゲーム)に倍に増えます。
→ウサギ(厚紙)は生き残った数の倍の量に増やします。ヤマネコ(ボール)は生き残った数の倍の数を転がします。
その他のルールは省略
080501_sb_2.JPG

結果は、両者の数が周期的に変化する理想に近いグラフがかけましたペン
実際は他の要素も関係するので、なかなかこのような理想的な変化にはなりませんが、うまくシミュレートできるものですね!
posted by 三田祥雲館 at 11:39 | 兵庫 | Comment(0) | 祥雲の舎窓〜探究学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。