2011年10月19日

先生の勉強会

10月考査の初日、昼から教職員研修会が行われましたexclamation
今回は、情報処理研修会で画像をコンパクトに処理する方法を学びましたexclamation×2

講師は、図書情報部のN先生
P1070059.JPG

パワーポイントやワードに、画像をそのまま「コピー」「ペースト」すると
ファイルサイズが大きくなることを指摘し、その解決策を伝授ひらめき
P1070070.JPG

フリーソフトxnviewの紹介をして、その操作方法やオフィスソフトへの挿入の仕方を研修しましたるんるん
P1070071.JPG

みなさんも、コンパクトなファイルを目指した文書作成を行いませんかexclamation&question
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年10月17日

10月考査始まる!

本校は前・後期の二期制のため、三学期制でいうところの二学期中間考査にあたる
10月考査が始まりましたexclamation
後期は、この10月考査と後期中間考査、後期期末考査の3回の考査で成績が決まります。
どの生徒も真剣に考査問題に取り組んでいますexclamation×2
木曜日までのあと3日、頑張って下さいわーい(嬉しい顔)
SH3I0492.JPG
posted by 三田祥雲館 at 12:10 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年10月12日

霧の祥雲館

秋晴れ晴れが続く中、今朝の祥雲館は目

霧の中exclamation×2
その様子をご覧くださいわーい(嬉しい顔)

DSC_0008.JPG
DSC_0010.JPG
DSC_0013.JPG
DSC_0014.JPG
posted by 三田祥雲館 at 07:38 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年10月03日

2011年度後期授業開始!

今日から、後期授業開始ですexclamation
カレンダーの曜日設定も今年度は都合よく、前期との間に土曜、日曜日が挟まり
月曜日スタートのすがすがしいものとなりましたるんるん

後期始業式は、まず学校長の挨拶
SH3I0488.JPG

続いて、大きな声での校歌斉唱るんるん
SH3I0489.JPG

始業式の後に、生徒指導部長からの講話
SH3I0490.JPG
今週は、体育大会があり生徒・職員みんなで盛り上げていかなければいけない等の話のほか
登下校時の注意等がありましたexclamation×2

本日の校長先生の講話の内容は


 二学期制の本校は、今日から後期です。学期間の休みは、土曜、日曜の2日しかありませんでしたが、気持ちを新たにして、後期も充実した学校生活を送ってほしいと思います。
 台風が去ったあと季節が進み、校庭の桜の葉も少しずつ色づき始めました。台風接近の折には、三田市にも武庫川の氾濫を警戒して「水防警戒本部」が設置され、自主避難をされた方もおられたと聞きます。災害が発生しそうなときまたは発生したときに、どのように行動するかは一人ひとりが考えなければならないことで、まさに「生きる力」を発揮するときです。
 東日本大震災のとき、岩手県釜石市立の14の小・中学校全校では、学校管理下になかった5人を除く児童・生徒約3,000人が全員無事だったと伝えられています。小・中学生の避難の様子が「釜石の奇跡は、かくて起こった」の見だしである雑誌に紹介されていました。諸君が災害にであったときなど、判断を迫られたときの参考にしてほしいと思い、その記事を紹介します。
 釜石市内の小中学校で防災教育に携わってきた片田敏孝(かただ としたか)群馬大学大学院教授が特に重きを置いたのが、“自然に向かい合う姿勢”を子供たちに与えるということでした。そして子供たちに「避難三原則」を伝えていました。
 一つ目は「想定にとらわれるな」。端的に言えば、ハザードマップ(災害予測図)を信じるなということだそうです。先生が、最初に取り組みを始めた鵜住居(うのすまい)小学校は、マップ上では浸水想定区域外にあったため、子供たちは「自分の家は安全だ」「この学校も大丈夫だ」と思っていました。そこで先生は子供たちに、「ハザードマップはあくまで想定にしかすぎない。相手は自然なのだから、どんな想定外のことも起こり得る。先生が大丈夫と言ったから安全だ、といった受け身の姿勢でいては絶対にダメだ」と伝えました。
 二つ目は「その状況下において最善を尽くせ」。記事には、今回の地震発生時、釜石東中学校の子供たちが取った行動が次のように紹介されています。
 3月11日午後2時46分、約5分間にわたる激しい揺れが続いた。教頭先生が校内放送で避難を呼び掛けようとしたが、停電によって音が流れない。しかし、部活動をしていた中学生は、すでに揺れている最中から自らの意思で校庭を駆け出し、隣の鵜住居小学校に向かって「津波だ。逃げるぞ!」と大声で叫んでいた。 児童たちは当初小学校の3階に避難していたが、日頃から中学生と一緒に避難する訓練を重ねていたので、その声を聞いて一斉に校舎を飛び出し、中学生と合流して避難を始めたのである。そして彼らは予め指定してあった避難所に辿り着いた。しかし避難所の脇にある崖は崩れかけており、海へ目をやると津波が防波堤に当たって激しい水飛沫(みずしぶき)を上げている。この様子を見たある男子生徒が「先生、ここじゃダメだ」と言って、さらにその先にある施設へと移ることを提案。無事全員が移動し終えたわずか30秒後、最初にいた避難所は津波にさらわれることとなった。当初、学校は津波に浸からないものとされていたが、校舎の3階に車が突き刺さっているほどだから、屋上まで冠水したことは疑いがない。もし想定にとらわれて、学校や最初の避難所にとどまっていたとしたら、命を守ることはできなかっただろう。
 三原則の最後は「率先避難者たれ」。もし“その時”がきたら、他人を救うよりも、まず自分の命を守り抜くことに専心せよ、という意味だそうです。今回の津波でも、大声を出しながら全力で駆け出した中学生たちが児童を巻き込み、大挙避難する彼らの姿を見て、住民の多くも避難を始めました。子供たちは文字どおり率先避難者となり、周りの大人たちの命をも救ったのです。
 祥雲館の学びでは、自ら考え、判断し、行動できる能力の育成を目指しています。災害時など緊急事態のときに、いかに行動するか。まさに、祥雲館での学びを実践するときです。さらに言えば、日常の生活の中でも、学んだことをもとに、自ら考え、自ら判断し、正しいと思う行動が、機敏にできる人であってほしいと願っています。

posted by 三田祥雲館 at 09:24 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年10月01日

ブログ1000日連続更新達成!

三田祥雲館高校ブログ
連続1000更新達成ぴかぴか(新しい)

沢山の読者のおかげで、ブログ連続更新記録も4桁になりましたexclamation
2009年1月5日から今日2011年10月1日までやってこれましたわーい(嬉しい顔)
2006年7月からブログをはじめ、5年以上がたちますが、最近は毎日400人以上の方が
このブログを閲覧されており、トータルのカウンターも101万を突破し、毎日更新する原動力になっていますexclamation
これからも頑張っていきますので、三田祥雲館高校を応援くださいるんるん
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年09月08日

ふれあい看護体験報告

2011ふれあい看護体験に参加した3年次・2年次生からのレポートを紹介しますexclamation×2


実 習 者:3年次 男子
実習体験日:7月27日(水)



 担当してくれた看護師の方が看護職は「ありがとう」の一言がやりがいなんだと話してくれた。自分も今回患者さんのお世話をさせていただいて、身体を拭くのにもどのくらいの強さで拭けばいいのか、車いすを押すにも患者さんの目線でかんがえなければならないとか、1つ1つのことに気をくばらなくてはならないので大変だったけど最後には「ありがとう」と言ってもらえて、この仕事のやりがいが実感できた。一番大切なのが患者さんとのコミュニケーションで、耳が遠くなっている患者さんと話をしてその大切さがよく分かった。なので、普段から人とのコミュニケーション能力を高められるような行動がしたい。病院は決して暗い雰囲気ではなく、明るい雰囲気だったので、将来、自分もその雰囲気をつくれるような看護師になりたいと思った。今回の体験で看護職へ就きたいという気持ちがいっそう高まった。

 


実 習 者:3年次 女子
実習体験日:7月27日(水)



 今回のふれあい看護体験を通して、一番感じたのはコミュニケーション力がとても重要な仕事なんだなあということです。病棟の看護師さんを見ていると、「最近どうですか?顔色いいですね」とか「お風呂入れてもらえてよかったね」という声かけをされていて、常に患者さんの具合を確認されていました。また、患者さんだけではなく、患者さんの家族の方にもお話をされていて、看護師には分からないその人の性格だとか、看護師さんが見回りをされていない時の様子なども聞かれていて、患者さんのことをよく知るということがとても大切なんだなあと改めて感じました。また、カンファレンスでは、医師、薬剤師、看護師の三つの視点から患者さんの薬の投与について話し合われていて、一番患者さんに近い存在である看護師さんが、その患者さんが何日前から痛みがある、ご家族の方からは〜という状態を聞いている、〜な性格の方なので…と、とても詳しくその患者さんについて説明されていて、とても細かい所まで見ないといけないんだということを感じ、薬の名前もたくさん飛びかっていて、たくさんの知識が必要なんだということも分かりました。医師には見えない患者さんのことを看護師が伝えて、薬剤師の薬の知識で最もふさわしい薬を選び、医師が治療を行うというチーム医療の大切さを感じることができました。
 最後に、このふれあい看護体験を通して、看護師という仕事は生半可な気持ちでは絶対にいけないなということを強く思いました。命と向き合う仕事である以上、常に責任感を持っていなければいけないし、瞬時に判断して行動しなければならないという大変な仕事であるけれど、本当にやりがいのある仕事だと思いました。足浴の補助をさせていただいたときに、患者さんに「また足洗ってや、ありがとう」と言っていただいたことがすごく嬉しくて、きっと看護師さんにとって患者さんのありがとうという言葉が一番の励みになるのではないかなと思いました。
 私も、この看護体験で経験したことを生かして、たくさんの患者さんにありがとうと言ってもらえるような看護師になりたいと思います。そのために、その1つ前のステップである看護学生になれるように受験勉強に励みたいと思います。たった半日の体験でしたが、本当に参加してよかったです。医療・看護系を考えている人は一度、参加してみたほうがいいのではないかなと思います。

 


実 習 者:2年次 女子
実習体験日:7月27日(水)



 今回のふれあい看護体験で、私は主に「足湯・食事のお手伝い」や「カンファレンス見学」を体験させていただきました。足湯のお手伝いのとき、看護師さんが湯加減の確認とか足が乾燥していないか確認していたりと、1つ1つの行動に細かい気配りがあることを知って、患者さんとのふれあいがいかに大切かを学びました。また、食事のお手伝いの時に、看護師さんが「全部補助したらいいというわけではなく、自分でできる範囲の事は自分でさせて、出来ないところは手伝う」とおっしゃっていたのが印象的でした。一人一人の患者さんの容態を見極めて、無理をさせすぎてはいけないけど、容態が回復に向かっていくように考えて接している看護師さんを見て、すごいなあとも大変そうだなあとも思いました。間の時間でも、医療用具の事や苦労話などの沢山のお話を聞かせてもらったりと、将来を考えるにあたって本当に参考になる体験をさせていただきました。

 








posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2011年09月07日

秋晴れ祥雲館

全国に甚大な被害をもたらした台風12号もさり、
祥雲館の上空には、秋のすがすがしい空気が流れ始めました晴れ
まだまだ、日中は残暑厳しい状況ですが、朝晩はめっきり涼しくなっていますわーい(嬉しい顔)

DSC_0003.JPG

SSH生徒研究発表会W受賞の垂れ幕も完成exclamation
DSC_0005.JPG

今週は、探究基礎講座内プレゼンがあり、来週は、2年次は修学旅行、1・3年次は校外学習るんるん
これから、秋の行事が目白押しですexclamation×2

DSC_0008.JPG
DSC_0009.JPG
posted by 三田祥雲館 at 07:42 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年09月01日

夏の総決算、全校集会!

9月1日防災の日、本校は二学期制なので始業式はありませんが、全校集会を行いましたわーい(嬉しい顔)
生徒たちは、元気に8時半には登校し、ショートホームルームの後、30分間の大掃除exclamation
その後、体育館に集まりましたexclamation×2

まず、8月に行った気仙沼ボランティアの報告会ひらめき
P1040744.JPG

上手にスライドにまとめて、全校生徒の前で堂々と報告を行いましたexclamation×2
P1040747.JPG
P1040748.JPG

ここからは、通常の全校集会、校歌斉唱のあと、校長先生の講話
その後、生徒会役員認証式
P1040751.JPG

新生徒会長の挨拶
P1040754.JPG

そして、表彰伝達
P1040771.JPG
女子バスケットボール部、男子サッカー部、女子バドミントン部、女子サッカー部、
陸上競技部、水泳部、放送部、囲碁大岩君  おめでとうございますわーい(嬉しい顔)

ALT着任式
P1040773.JPG
Matthew先生

P1040774.JPG
Anna先生

よろしくお願いしまするんるん

最後に、生徒指導部長の先生からの講話
P1040775.JPG

本日の校長先生の講話の内容は


 40日あまりの夏休みが終わりましたが、どのように過ごしましたか。勉強したぞという人、部活動に頑張った人などさまざまなことでしょう。夏休み前の全校集会が警報で実施できなかったので、そのときに話すつもりだったことをブログに掲載しましたが、見てくれましたか。そのなかで、中国の客家(はっか)という民族の教えを紹介しています。「百聞は一見にしかず されど百見は一行(こう)にしかず」というものです。一行とは、「実際に行(おこな)ってみる」という意味で、「見るだけでなく、体験しろ」ということ。夏休みには、いろいろな体験をしてほしいという思いをこめて話すつもりでした。
 SSH生徒研究発表会で文部科学大臣表彰、ポスター発表賞を受けた人、インターハイや総合文化祭などの全国大会に出場した人、海外語学研修・SSHのアメリカ研修・SSHのサマーキャンプに行った人、気仙沼高校を訪問しボランティア活動を行った人など、得がたい経験をした人がまだまだたくさんいるはずです。様々なことを経験すると、視野や考え方が広がり、自分にもこんなことができるのだと自信を持つことができるようになります。これからもさまざまな体験をするように心がけてください。
 さて、9月なって、日常の学校生活に戻ることになりますが夏休みと同じような気持ちでいてはいけません。早く気持ちを切り換え、夏休み気分を無くして、学校生活のリズムを取り戻すことが肝要です。オープンハイスクールの挨拶の中で、真面目にそして一所懸命に学習、部活動、学校行事に取組む生徒たちが学んでいる学校だということが、祥雲館高校の一番の特色だと中学生や中学生の保護者の方々に話しました。1回生をはじめ先輩たちは、先生や保護者と一緒になって学校づくりをしてきました。その中で、やる気をもって前向きに取組む、創造的に学校生活を送るといった、校風や生徒気質を生み出しました。在校生諸君も、よき校風・生徒気質を受け継ぎ学校生活を過ごしてくれていると、頼もしく思っています。
 9月には、修学旅行、校外学習、ゼミU理系講座発表会、探究基礎発表会。10月には、体育大会、SSH中間成果発表会。11月には、10周年記念式典。9月から11月にかけて、学校行事や式典、学習成果の発表会などが数多く予定されています。諸君が、祥雲館生のすばらしい面を学校外の人たちにも披露してくれることを楽しみにしています。

posted by 三田祥雲館 at 11:33 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年08月27日

“祥雲の夕べ”に『ちめいど』がやってきた!!

昨日18:30より、育友会主催で本校にて『ちめいど』屋外ライブが行なわれましたぴかぴか(新しい)

DSC_0012.JPG

一時は三田市に警報が出され、ライブを楽しみに学校に残っていた生徒達を
一時帰宅させなくてはならない事態となりましたが、
ライブが始まるまでには警報が解除され、雨雨もすっかり上がりましたるんるん

DSC_0032.JPG

そんな状況でも、たくさんの人が地域から集まり、無事ライブを始める事ができましたわーい(嬉しい顔)
『笑った方がマシ』や『平和を紡ぐ人』など、励ましのメッセージがこめられたような、
聞いている人を応援してくれるような、そんな歌をたくさん聞かせてくれて、
とても充実した1時間でしたハートたち(複数ハート)

DSC_0040.JPG

ちめいどHP  http://www.chimeido.com/
posted by 三田祥雲館 at 08:25 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年08月06日

全国総合文化祭囲碁大会 最終結果

全国高校総文囲碁部門は二日間の熱戦を終えましたend
兵庫県は、大健闘の結果総合6位に入賞しましたぴかぴか(新しい)
素晴らしいexclamationみなさんの応援に感謝します。ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

5回戦 1対2(愛媛) 
6回戦 1対2(福岡)
全6回戦の祥雲館の結果は4勝2敗でしたexclamation×2

igo1.jpg
igo2.jpg
posted by 三田祥雲館 at 12:49 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年08月05日

全国総合文化祭囲碁大会 初日結果

4日の対戦結果を報告しますexclamation

GRP_0000.JPG

兵庫県は4勝0敗で、現在3位でするんるん
大岩君は1回負けましたが好調にスタートを切っていますexclamation
全勝は、東京と福岡と兵庫の3チームですひらめき

GRP_0002.JPG

各チームともに持ち時間をフルに使い、会場は興奮に満ちているようですかわいい
平常心で最後まで頑張ってほしいですねわーい(嬉しい顔)

GRP_0003.JPG
posted by 三田祥雲館 at 10:15 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年08月04日

全国高校総合文化祭囲碁部門

全国高校総文囲碁部門が福島県福島市で始まり、
本校の2年生大岩秀平君は、4日午前9:30、無事開会式に臨みましたexclamation

GRP_0000.JPG

試合は、スイス方式6回戦で、兵庫県は優勝候補だそうですぴかぴか(新しい)
みなさん是非応援のほどよろしくお願いしまするんるん

GRP_0001.JPG
posted by 三田祥雲館 at 11:10 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年07月21日

夏休みスタート!

昨日は台風6号の影響で、臨時休校になってしまいましたが、
今日からは夏休みexclamation
夏期補習も始まり、朝から生徒が続々と登校してきていますexclamation×2
図書館自習室も静かに賑わっていますわーい(嬉しい顔)

SH3I0324.jpg
posted by 三田祥雲館 at 11:08 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2011年07月20日

幻の校長講話

本来であれば、本日の全校集会にて夏休み前の校長講話があったのですが、
台風6号による警報のため、臨時休業になりました。
以下、本日皆さんに伝える予定であった講話を載せます。
よく読んでくださいねわーい(嬉しい顔)
本日の校長先生の講話の内容は


 明日から夏休みですが、校訓にある“自律”を実践することがとても大事な時期です。普段は、朝、決まった時間に起きて、学校に登校し、授業を受け、部活動をして帰宅する。決まった生活パターンで暮らしています。しかし、夏休みは、1日をどのように生活するかを自分で決めなければなりません。およそ40日をどのように過ごしたかで、成果に大きな差がでてきます。3年次は進路希望を達成するためにも、しっかりと生活をしてください。また、1・2年次も、予習復習から解放されるので、普段は取組むことの難しい、自分独自の学習を計画的にしてほしいものです。そして、学校外での活動、たとえばボランティアに取組むなど、自分の視野や考え方を広げるための取組みもしてください。
 学ぶのは、学校で授業を受けるだけではありません。諸君は、部活動からも多くのことを学んでいるはずです。西オーストラリア語学研修、SSHの海外研修などに参加する人も、得がたい学びの機会となるはずです。「百聞は一見にしかず」ということわざを知っているはずですが、中国の客家(はっか)という民族の教えには、「百聞は一見にしかず されど百見は一行(こう)にしかず」というものがあります。一行とは、「実際に行(おこな)ってみる」という意味です。「見るだけでなく、体験しろ」ということです。学校を離れてさまざまな体験をすることが、諸君を成長させ、大人としての行動力を養ってくれるのです。この夏には、積極的にいろいろなことにチャレンジしてください。
 さて、ある人が「キレそうでキレない方法」という文を書いていました。その人は、マザー・テレサさんが1984年に日本に来たとき、日本国内を通訳として同行した人です。そのときの様子を次のように書いています。「どこへ行っても、『マザー、こっちを向いてください』『次はこちらを』とびっくりするほどたくさんの写真を撮られて……。異国の地での厳しい講演日程に加えて、新幹線や車など慣れない乗り物での長距離の移動、当時マザーは74歳でした。 肉体的にも精神的にもお疲れでしょうに、マザーは嫌な顔ひとつせずにニコニコと、本当にすてきな笑顔で応対していらっしゃったのです。」マザー・テレサさんの写真撮影のフラッシュの雨に対する姿や話されることから、人には「自分の心との葛藤」と「自分と対話するゆとり」が必要なのだと、その人は感じたそうです。そして、キレそうでキレない方法を次のように書いています。「日常の中には、マザーにとってのフラッシュのような『煩わしいもの』や『イライラするもの』『面倒くさいもの』が、必ず存在します。そういうときにグッと我慢をして、『これを我慢しますから、どうかあの人の病気が治りますように』と他人を思いやったり、『仕方がないよね』と許す『ゆとり』を自分の中につくる。キレそうになる自分を抑えるための、自分との小さな闘いが必要なのです。逆に失敗したときは自己嫌悪に陥るのではなくて、『今度はもうちょっと我慢しようね』と自分と話してみる。マザーが『マザー・テレサ』であり続けることができたのは、そういう自分自身との闘いと、ゆとりを常に持ち続けていらしたからではないでしょうか。」
 人が何かに真剣に取組む、頑張るときには、やるぞという前向きな思いと同時に、苦しい、しんどいという思いを持ちます。この夏、自分自身との戦いと、ゆとりをもって、有意義に過ごしてください。

posted by 三田祥雲館 at 16:17 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年07月16日

さようなら!Shellie & Conor !!!

ALTのShellie先生は今日7月14日が最後の日になりましたたらーっ(汗)
体育館で生徒全員の前でお別れのスピーチをされましたカラオケ
Shellie1.JPG

校長先生の慰労のお言葉と、生徒からの花束をもらって、Shellie先生はとても感動された様子でしたexclamation×2
shellie2.JPG
Shellie4.JPG

その後教職員の前で、終業式まで勤務しますが、同じくお別れとなるConorさんと共に最後の挨拶をされました。
Shellie3.JPG
Conor.JPG

どちらも生徒に人気のある先生で、名残惜しいのですが仕方ありませんもうやだ〜(悲しい顔)
母国に帰られた後、より一層のご活躍を願っていますexclamation
We will miss you, Shellie and Conor!!!
I love you ハートたち(複数ハート)
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年07月15日

生徒会選挙、生徒壮行会

昨日、生徒会選挙が行われましたぴかぴか(新しい)
まずは、現生徒会長が挨拶カラオケ
SH3I0319.jpg

その後、7名の生徒会執行部候補者と応援演説者が登壇し、それぞれ立派な演説を行いましたexclamation×2
SH3I0320.jpg

投票のあと、
ソフトテニス部団体(近畿大会出場)
水泳部村田莉菜さん(近畿大会出場)
囲碁大岩秀平くん(全国高校総合文化祭出場)の壮行会を行いましたぴかぴか(新しい)
SH3I0321.jpg

選手のみなさん、それぞれの試合で頑張って来てくださいexclamation×2
posted by 三田祥雲館 at 09:14 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年07月10日

地区懇談会

昨日、育有会主催による「地区懇談会」が本校会議室で行われましたぴかぴか(新しい)

SH3I0315.jpg

多数の保護者の方に集まっていただき、全体会では、
本校の進路ガイダンス方針や防犯防災について説明がありました。

SH3I0317.jpg

続いて、5つの地区に分かれ分科会が催されましたexclamation
それぞれ担当職員が2名ずつついて、それぞれの地区ならではの問題や
学校生活への意見等を言っていただき、問題を共有し対策を練りましたexclamation×2
保護者の皆様、暑い中ご苦労様でしたexclamation×2
posted by 三田祥雲館 at 12:30 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年07月08日

夏の部活動を安全に乗り切るために!

5日間にわたる前期期末考査が終わりましたexclamation×2
各部活動も元気に再開グッド(上向き矢印)
その前に、夏の部活動を安全に乗り切るために、1・2年次運動部員対象に保健安全講話が体育館で行われましたぴかぴか(新しい)

SH3I0312.jpg

日本赤十字兵庫県支部の大川昭子氏を講師に招き
「熱中症の応急処置について」学びましたexclamation
熱中症の症状「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病」について詳しく説明していただき
もし、罹った場合の手当て法を詳しく学びましたわーい(嬉しい顔)
しかし、罹ってからの対処より大切なことは、罹らないことなので
事故防止法も色々伝授していただきましたexclamation×2

SH3I0311.jpg

今日の講話の内容をしっかりと守り、安全に夏を乗り切るようがんばりまするんるん
posted by 三田祥雲館 at 16:24 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年07月06日

英検二次対策

前期期末考査中ですが、今週末には英検の二次試験があるため、こちらの準備もしないといけませんあせあせ(飛び散る汗)
そのため、受検生は、その日の試験終了後、担当の先生に面接官をしてもらって練習をしていますexclamation×2
考査の勉強も忙しいと思いますが、何とか両立して、合格を勝ち取ってくださいねわーい(嬉しい顔)

eiken.JPG
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2011年07月04日

前期期末考査開始!

本日より、前期期末考査が始まりましたexclamation

SH3I0309.jpg

金曜日までの長丁場ですが、気を抜かず頑張ってくださいグッド(上向き矢印)
posted by 三田祥雲館 at 11:04 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年06月30日

HoneyFM 出演!

祥雲祭で、各部門優秀賞をとったクラスの代表生徒がHoneyFMに出演しましたぴかぴか(新しい)

P1030584.JPG

DJとのやり取りの中、様々な裏話もexclamation×2
放送部で全国大会へ進出した生徒も、その報告をしましたカラオケ
多人数でスタジオ内が大騒ぎでしたわーい(嬉しい顔)

P1030550.JPG
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年06月16日

マリーゴールド開花!

これは何exclamation&question
SH3I0296.jpg

先日、お伝えしました花壇に、また花が咲きましたるんるん
マリーゴールドですかわいい
SH3I0297.jpg

明日から、祥雲祭です。土曜日は、一般公開の日ですexclamation×2
チケットをお持ちの方は、是非お越しになって、実物の花壇を見てくださいわーい(嬉しい顔)
SH3I0298.jpg
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年06月09日

ボランティア参加 ◎第31回スマイルピック◎

6月4日(土)、第31回スマイルピック(三田市内の障がい者の運動会)が関西学院大学グランドで行われたぴかぴか(新しい)
本校生徒5名(3年2名、2年3名)がボランティア参加しましたexclamation

CA3A0080.JPG

当日は、紫チームの介助者として大活躍しましたわーい(嬉しい顔)
参加した5名は、普段なかなかできない体験ができ、楽しかったようでするんるん
皆さんも、ボランティア参加してみませんかexclamation×2

CA3A0085.JPG

生徒の感想:
参加者みなさんが元気に頑張っていて、逆にボクも力をもらえた気がしました。
力を合わせて頑張ることを改めて考えた1日でした。
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年06月02日

6月全校集会

昨日、6月全校集会が行われましたexclamation
SH3I0290.jpg

校歌斉唱カラオケのあと、校長先生の講話
SH3I0291.jpg

丹有総体の表彰伝達グッド(上向き矢印)
SH3I0292.jpg

沢山のクラブが、好結果を残しましたexclamation×2
本日の校長先生の講話の内容は


 新しい年度が始まって2ヶ月が経ちました。学習や部活動に励み、充実した生活を送っていることと思います。6月には祥雲祭があり、クラスの力を結集したすばらしい演技、作品や合唱、そして模擬店の運営を楽しみにしています。また、5月に行われた中間考査の結果はどうだったでしょう、努力に見合う結果でしたか。努力したのに、結果が伴わなかった人は、勉強方法を見直してください。諸君が計画的に学習することを期待しています。
 さて、宮崎 駿 監督のアニメ映画を見たことがあると思います。「もののけ姫」の主題歌を始めて聞いたとき女性が歌っていると思いましたが、男性が歌っていることを後で知りました。「もののけ姫」の主題歌を歌っているカウンターテナー歌手 米良 美一(めら よしかず)氏を紹介し、夢の実現について諸君と一緒に考えたいと思います。
 米良さんは、宮崎県西都(さいと)市で生まれ、先天性骨形成不全症のため全身の骨、特に手足の骨が折れやすく、骨の成長が落ち着く16歳ごろまでに30回近く骨折を繰り返したそうです。足の骨を骨折すると、横になり安静にして骨がつながるのを待つしかなかったとのこと。友だちと外で遊ぶことができないので、幼いころから歌うことを楽しみとし、老人会などでよく歌っていたそうです。差別と偏見で白い目で見られたり、貧しい家庭環境だったりしたことで、後ろ向きで心を閉ざすようになったと語っています。
 小学校から高校を卒業するまでのほとんどは、特別支援学校で親元を離れて学習と療養の生活を過ごしました。小学校5年の終わりから高校1年の初めまで5年くらい、寝たきりの療養生活をしているときに歌手の松田聖子さんの大ファンとなり、裏声でそのマネをしたことがカウンターテナーの原点となったそうです。歌手になりたいという夢を持ち、音楽大学への進学を目指すようになりました。そうすると、もう歩けないで一生車イスでいた方が転ぶ危険もないし安全だと思い、歩くこともできなかった、リハビリもやる気がなかったのが、人の前で歌うには立たなくてはと、夢に向かってリハビリにも熱心に取組むようになったそうです。「目的があるとリハビリの効果もでる。ただ、リハビリをやれだの、頑張れだの、日常生活をちゃんとやれだの言われてもますますやる気がなくなる。」と話されています。特別支援学校から音楽大学へ進学するということは考えられないことだったそうですが、歌手になりたいとのひたむきな思いに病院の人たちや学校の先生たち、特に音楽の先生の並々ならぬ助力を受けて勉強に励んだそうです。
 洗足学園音楽大学では、教えてくれる先生や友人に恵まれ、楽しく学生生活を送り、主席で卒業しました。その後、人の勧めもあり、アムステルダム音楽院にオランダ政府給費留学し、留学しているときに、米良さんの歌を聞いた宮崎駿監督から「もののけ姫」の主題歌を歌うように依頼がきたそうです。
 米良さんの生い立ちを紹介しましたが、夢を持つことはその人に生きるエネルギーを与えてくれるのだと、そしてその夢に向かってひたむきに取組んでいると、まわりの人たちもおのずと手を差し伸べてくれるようになり、人生は開けてゆくのだと思いました。
 ところで、諸君も、勉強しろだの、頑張れだの、日常生活をちゃんとやれだの言われたとき、やる気がなくなったと感じることもあるでしょう。自分で目的や夢をもって生活し学習することはとても大切なのです。
 「運というのは闇雲に降りてくるものではありません。見る目を持って一所懸命努力している人のところにしか訪れてこない。何もしていない人のところにはやってこない。これははっきりしている。運は実力そのもの」という話を以前にしましたが、諸君にも、自分の将来に大きな夢を持ち、その実現に向けてひたむきに取組んでほしいものだと思っています。そうすると手を差し伸べてくれる人が必ず現れ、運も開けてくるでしょう。
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年06月01日

次の花は何かな?

大講義棟の前の花壇のパンジーが消え、黒土になりましたexclamation

SH3I0288.jpg

次は、どんな花が植えられるのかなexclamation&question
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2011年05月21日

気仙沼に向かって出発!

5月3日のブログで紹介した「気仙沼高校へ自転車を送ろう作戦」の自転車を昨日送り出しましたexclamation×2

回廊下に自転車を保管し始めて3週間
DSC_0004.jpg
DSC_0002.jpg

専門の業者の方やボランティアスタッフの方が、整備をして仕分けしました手(チョキ)
DSC_0006.jpg

昼休みに生徒たちで自転車112台を積み込み、その後、別の支援物資も積み込んで
気仙沼高校に出発exclamation
DSC_0030.jpg

新品の自転車ではないですが、同じ高校生たちがぴかぴかぴかぴか(新しい)に磨いた自転車です。
これで、走り回って気仙沼を復興させてくださいわーい(嬉しい顔)
DSC_0014.jpg
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年05月19日

中間考査最終日!

本日で、前期中間考査が終わりますexclamation
生徒の皆さんは、最後まで気を緩めず頑張ってくださいexclamation×2

110519.jpg

校内のツツジもようやく咲き始めましたるんるん
新緑の美しい風薫る五月、午後からは部活動再開ですグッド(上向き矢印)
運動部の皆さんは、総合体育大会に向けて最終調整をしっかりと行ってくださいパンチ
文化部の皆さんは、祥雲祭に向けて作品を仕上げてくださいわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 07:44 | 兵庫 | Comment(0) | 日記

2011年05月16日

前期中間考査始まる!

本日より、19日木曜日まで、前期中間考査ですexclamation
生徒の皆さんは、全員真剣な面持ちで試験に取り組んでいますグッド(上向き矢印)

SH3I0001.jpg

4日間、大変ですが日ごろの勉強の成果を存分に発揮して下さいわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 11:12 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年05月12日

生徒総会・全校集会

昨日4限目、生徒総会が行われましたぴかぴか(新しい)
P1030305.JPG

昨年度の生徒会決算報告、今年度の予算案
昨年度の生徒会行事報告、今年度の行事案
と議事が進み、質疑応答の後、
今年度前期委員会委員長の紹介が行われましたexclamation
P1030307.JPG

その後、定例の全校集会を行いましたexclamation×2
校長講話と生徒指導部長からの連絡等がありました。
特に、気仙沼高校へ自転車を送るために、
休日ボランティアを行ってくれた生徒への感謝の言葉がありましたわーい(嬉しい顔)

本日の校長先生の講話の内容は


 4月8日に発行された祥雲通信に、「自ら学び、考え、行動する」ことを実践してほしいと書きました。それから1ヶ月が経ちましたが、自ら学んでいますか? 自ら考えていますか? 自ら行動していますか? 今日は、祥雲通信にも書いた「思考の3原則」について話をします。
 第1は、目先に捉われないで、できるだけ長い目で見ること
たとえば、週末課題がなかなか思うようにできないとき、友だちに写させてもらってその場をしのいだとしましょう。目先のピンチを切り抜けたかもしれませんが、自分の学力を伸ばすという、長い目で見ると何の役にも立たないことをしたのだと言えます。このように、目先のことだけを考えると、長期的には間違った判断や行動をしてしまうことがあります。また、目先の苦しみを逃げてもその先にも苦しみは待っているものです。逃げずに向かっていくことでその苦しみから脱出できるのです。長い目で見て、先に待っている楽しみや喜びをめざして努力をすることが必要です。
 第2は、物事の一面に捉われないで、できるだけ多面的に、できれば全面的に見ること
 同じ人を評価するにも、のんびりしていてすることも遅いし困った人だという評価もあれば、一方で、慎重に行動するので安心して任せることのできる人だという評価もあるでしょう。立場・視点や考え方が異なると、同じことでも全く違って見えることが結構あります。時間と空間を超えて、過去から現代に至る世界中の人々のいろいろな考え方や知恵を活かし、自分の考えや判断の材料にすることができれば、強い味方を得たようなものです。読書や学びを通じて、心強い味方を自分の中に住まわせて、多面的に思考できるようになってほしいものです。
 第3に、何事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に考えること
 「Think Globally Act Locally」という言葉を聞いたことがあると思いますが、グローバルな視点にたって、身近なことから行動しようということです。「着眼は大局、着手は小局」という言葉も同じような意味です。全体を概観して、まずはできるところから実行していくことが大切です。諸君が高校で学んでいるのは、社会で求められる能力を身につけ、将来、社会に貢献できる人材となるためです。でも、日々の生活では目の前のことに捉われ、なぜ学んでいるのかその目的や目標を意識しなくなり、日常に流されてしまいます。4月に行った進路調査を見ると、日々の家庭学習の時間が1時間以下の人が少なからずいました。また、予習・復習以外に自分で考えて取組む、自主的な学習ができていない人もけっこういました。なぜ学んでいるのか、その根本を常に意識し、日々の生活に流されず、計画的な学習に努めることが大切です。
 さて、考えるということは、最も人間らしい行為であり、現代文明はその蓄積によりできています。パスカルが「人間は考える葦である」といっているように、人間は自然の中では弱い存在ですが、考える、思考することによって無限の可能が広がり、宇宙をも超える存在であるといえます。私たちに与えられた“考えるという能力”を最大限に発揮して、社会に役立つ人材となるよう、自分を育ててほしいものだと願っています。
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2011年05月09日

初夏!? 躑躅祥雲館

一昨日、昨日と初夏を思わせる気温となりましたexclamation
祥雲館の桜も葉桜になり、いつの間にか学校前の植え込みのツツジが咲いていましたかわいい

110509_002.JPG
110509_006.JPG

今日から、前期中間考査1週間前、生徒の皆さん、テスト勉強がんばって下さいわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 07:47 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記