2011年02月25日

薬物乱用防止講演会

2月9日(水)4時間目、2年次生を対象に薬物乱用防止講演会が行われましたぴかぴか(新しい)

講師として、宝塚健康福祉事務所、薬務・生活衛生課の辻井千恵主査と保護司の有井憲司さんに来ていただき、貴重なお話を聴きました耳

薬物は、私たちの身近にも迫ってきており、携帯電話のサイトなどや様々なところに危険が潜んでいます。
保護司の有井さんからは、「薬物で捕まった人は、特別な人ではありません。
心の隙間をつくらないように、困ったとき、悩んでいるときは、信頼できる人に相談して下さい」
とのメッセージをいただきました。
110209_005.JPG

辻井さんからは、「薬物は、脳にダメージを与え、その依存性から薬物なしではいられなくなる恐ろしいもの。
心の問題と深く関わっている。勇気を出して、信頼する大人に相談して」とメッセージ熱いメッセージをいただきました。
110209_024.JPG
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年02月21日

日本の高校生活最終日〜留学生Nさんからのメッセージ〜

11月29日から2月16日まで本校で学んでいた留学生Nさんからメッセージが届きましたぴかぴか(新しい)
原文のまま紹介します。

Hello everyone!!
For the past three months, I’ve made a lot of memories. The friends I made are irreplaceable. Everyone was nice and friendly and it was really fun to talk to new people. I would have liked to play more with everyone outside of school, but everyone was studying. Study hard, everyone, and do your best! Fight oh!
n1.JPG
n2.JPG
n3.JPG
n4.JPG

Even though it’s my last day here, I am not sad because I am sure one day I’ll see you again.
Thank you all for making my stay in Japan and in Shounkan fun and memorable.
                                L. N

Nさんのシャツには、お手製の祥雲マークが…。
さらに背中側には、祥雲館で仲良くなった友達からのメッセージが書かれていましたexclamation
P1020772.JPG
P1020777.JPG

日本での思い出を胸に、オーストラリアでも頑張って下さいねわーい(嬉しい顔) See yaexclamation

posted by 三田祥雲館 at 08:06 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年02月15日

祥雲雪景色Part2

昨日は、推薦入試で受検生のみなさん緊張していましたね!
帰るころには、雪雪が本降りになっており、無事帰宅できたでしょうかexclamation&question

今朝の祥雲館は、昨日からの雪で完璧に雪化粧ができましたexclamation×2
1月7日の記事に引き続き、祥雲館雪景色をお楽しみくださいわーい(嬉しい顔)

定番大講義棟風景
110215_014.jpg

回廊からの体育館
110215_019.jpg

体育館横から池越し風景
110215_022.jpg

図書館前から人文棟前
110215_024.jpg

図書館前から講義棟
110215_025.jpg

里山から駐車場
110215_030.jpg

いかがでしたかるんるん
これからも、季節ごとの祥雲館をお届けしていきますexclamation
posted by 三田祥雲館 at 08:23 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | 日記

2011年02月02日

2月定例全校集会

本日2月の全校集会が行われましたぴかぴか(新しい)
今回は、3年次が家庭学習にはいっているため、1・2年次のみの集会ですexclamation

校歌を歌ったあと、校長先生の講話
P1020741.JPG

生徒指導部長K先生の講話
P1020743.JPG

英語科のJ先生からのしゃべランチへのお誘いの話がありましたexclamation
しゃべランチとは、昼休みにお弁当を持って教室に集まり、
ALTの先生や英語の先生と英語で会話を交わしながら
食事をとるといった、生きた英会話の機会ですexclamation×2
英会話を覚えたいひとは是非とも参加してくださいわーい(嬉しい顔)

本日の校長先生の講話の内容は


 3年次が家庭学習となり、2月と3月は、1・2年次だけでの全校集会です。さびしく感じるとともに、4月に10回生を迎える準備期間とも考えています。入学してくる新入生が、さすがに祥雲館の先輩はしっかりしている。私も先輩のようになりたい。と思うような規律ある態度、学校生活を心がけてください。
 今日は、「自ら学ぶ」ことについて話したいと思います。祥雲館高校では、「自ら学び、考え、行動できる能力の育成」を教育目標の1つに掲げていますが、意欲的に自ら学ぶ秘訣はなんだろうと考えてみました。以前に、スタンフォード大学の教授が、「どうやったら数学が好きになれますか」と聞かれたときに「数学に取り組むしかないでしょう。数学をすごく楽そうに勉強している人たちは、皆さんが見ていないときに、コツコツと努力を重ねているはずです。だから、見えるときには楽そうにしているのです。」と答えたことをお話しました。学ぶことが好きになる、楽しくなるまで、努力を重ねる必要があると言うことです。そして、コツコツと努力を重ねるには、学ぶ目的を明確に持っていることが必要だと私は考えています。
 安岡正篤 氏は、「人は自分を創るために学ぶのだ。そして、人生のあらゆる艱難辛苦にあっても動じないように、自分を創っていく。自分を創るのは利己のためではない。世のため人のために自分を役立てるためである。自分を役立てるには、自己の徳を大成し、自己の才能・能力を練磨、向上させていかねばならない。それが学の本質である。成徳達材することによって、よりよき運命を創っていくのだ」と述べています。
 玉磨かざれば光なしと言いますが、いくら天賦の優れた才能・能力があっても、それを練磨・向上させる努力をしないと、その才能・能力を開花させることはできません。才能・能力は私にはないので、努力をしてもそんなに能力を発揮することはできないと思っている人がいたら、自分の力を見限ってはだめだと言いたい。自分にはできないと思っていたことが、根気よく努力を続けているうちに何とかできるようになるものです。そうすると「できないと思っていたこと、嫌いだと思っていたことでも、自分はやればできるのだ」と、自信がついてきます。そこまで辛抱して努力を、鍛錬をすることができるかどうかが大きな分かれ目になります。
 しかし、いくら才能・能力を練磨・向上させても、人を傷つけたり、だましたりすることに用いるのであれば、才能・能力を発揮しないほうが人のため社会のためになるということになってしまいます。そうならないためには、心を磨く必要があります。先ほど話した、自己の徳を大成するということです。徳とは明るさ、清さ、人を愛する、恩に報いる、誠実、正直、勤勉、などの貴(とうと)い心の働きのことです。日本の禅文化を海外に広く紹介した 鈴木大拙 氏は、「人間は偉くならなくとも一個の正直な人間となって信用できるものになれば、それでけっこうだ。真っ黒になって黙々として一日働き、時が来れば“さよなら”で消えていく。このような人間を偉い人だと自分はいいたい」と語っています。勉強ができるから、有名大学を卒業したから偉い、一流企業に勤めているから、会社の社長だから偉いとは限らない。その人が、どのような生き方をしているかが大切なのです。
 自分の才能・能力を練磨・向上させ、心を磨き、自らの生き方を確立する、という意思をもって学ぶことが「自ら学ぶ」という前向きな姿勢を生むのではないでしょうか。そして、インクがスッと滲みこむような純粋な心と、善良な心で、何からでも学ぼうとする姿勢を持つことも必要です。ひねくれた心や独善的な思いをもっていては、素直に物事を吸収できません。「根底に学びたいという切実な思いがなければ、どんないい先生についても駄目です。同じ人に会っても、そこから多くを学んで身につける人もいれば、素通りするだけの人もいます。どこが違うかというと、それは求めているか否かです。」と牛尾治朗 氏は述べていますが、まさにそのとおりだと私は思います。「自ら学ぶのだ、学びたい」との思いをもって日々を過ごしてください。

posted by 三田祥雲館 at 14:30 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2011年01月31日

出た!過去最低気温!!

本日、祥雲館史上過去最低気温

なんと マイナス9度でしたどんっ(衝撃)

連日、氷点下が続いていましたが、ここまで来るとはびっくりです目
皆さん、暖かくして体調管理に気をつけてくださいexclamation

明日から2月、暖かくなってくださいわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 08:07 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年01月24日

自転車事故を無くそう!

本日6限目、1・2年次が体育館に集合し、交通講話を聴きましたexclamation
三田市警察の方に来ていただき、最近の三田市で起こっている自転車事故の様子を話していただきました。
P1020667.JPG

また、自転車の整備マークであるTSマークのことや、
P1020674.JPG

歩道での自転車走行可の標識など、交通標識の確認等、自転車交通事故を起こさない方法を聞きました耳
P1020676.JPG

その後、自転車事故にまつわるビデオを観賞しました。
また、自転車事故だけではなく、周りに迷惑をかけない自転車利用を心がけることができるよう
生徒指導部長の講話がありましたexclamation×2
祥雲生として、マナー、モラルを守り安全運転を心がけるようにしましょうexclamation×2
posted by 三田祥雲館 at 16:10 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2011年01月11日

授業再開!

前日の雪雪がまだ残り、
SH3I0167.jpg
(昨日、部活動をした陸上部の生徒が作りましたわーい(嬉しい顔)

祥雲館の隣の池も半分凍っている極寒の日に冬休み明けの授業が再開されましたexclamation
SH3I0168.jpg

全校大清掃のあと、体育館に集まって校長講話、生徒指導部長講話があり、
P1020573.JPG

SSH集まれ女子学生!、近畿囲碁大会の表彰式も行われましたぴかぴか(新しい)
P1020580.JPG

その後、1年次大岩秀平くんの全国総合文化祭囲碁選抜大会の壮行会が行われましたexclamation×2
3月、8月の全国大会がんばってきてくださいわーい(嬉しい顔)
P1020594.JPG
SH3I0169.jpg

本日の校長先生の講話の内容は


 新しい年を迎えて、今年の目標は立てましたか。
以前に節から芽が出るという話をしましたが、1年の始まりという大きな節目にあたり、目標を立て、気持ちも新たに歩み始めてほしいもだと思います。
今日は、志について話したいと思います。
 陸上競技の指導者 小出義雄監督は、有森裕子選手、高橋尚子選手、2人のオリンピックメダリストを育てました。
ある雑誌に小出監督が2人のエピソードを語った記事が掲載されていたので紹介します。
 マラソンで、バルセロナ五輪 銀、アトランタ五輪 銅を取った有森裕子選手は、小さい頃に股関節脱臼を繰り返し、
さらに小学校5年生のときに交通事故に遭い、小出監督に入門した当時、うまく走れない。
しかし、何度も電話をかけて入門を請う熱意に負け、小出監督は「次期マネジャー候補」として入社させました。
案の定、みんなの一番最後をトコトコと走っていた有森選手でしたが、ある日、小出監督に願い出ます。
「監督、私をオリンピックに連れて行ってください。そのためだったらどんな練習にも耐えます。
ほかの人が1時間練習するなら、私は2時間がんばれます」。
小出監督は、「あ、この子は普通じゃないな」と思ったそうです。
 シドニー五輪で金メダルを取った高橋尚子選手も最初は入れるのを「実績もないし、大学まで出て年を取っていた」のでためらったそうです。
それでも、入社を許したのは 「お願いします。私を強くしてください。お給料は要りません。
ごはんが食べられればいいんです」という健気さに心動かされたそうです。
当時を振り返り、「僕は単純な性格だから“よーし、世界一にしてやる”ってなるじゃない」と話しています。
小出監督は、ご自分の監督人生で得た実感として
「勧誘した子は強くならなかった。一銭もかけなかったのが強くなっている(笑)。要するに、志の差ですよ」 と振り返っています。
 志は単なる目標ではなく、将来に対する希望や願望をかなえようとする、ひたむきな意思、決意を抱いて思い続けた末に達成されるような目標です。
志は、金儲けや権力欲のために抱くような目標と異なり、それが達成されることに、関係者や周囲の人たちまでが歓喜するような目標でもあります。
 江戸時代の学問所昌平黌の儒官、今でいえば東京大学学長の立場、だった佐藤一斎が『言志四録』という本の中で、次のように述べています。
 学は立志より要なるは莫(な)し。而(しこう)して立志も亦(また)之(こ)れを強(し)うるに非らず。只(た)だ本心の好む所に従うのみ。
現代語にすると、学問をするには、志を立て、これを達成するためには心を奮い立たせることが大事である。
しかも、その志は人からいわれてやるのではなく、自分の本心から出たものでなければならない。ということです。
 諸君はなぜ勉強しているのですか。いい大学に入りたいから、いい会社に就職したいから、と思っている人がいたら、自分の人生の生き方を考えて、志を立てください。
こんな分野の学問を修め社会に貢献したい、こんなことを身につけて人の役に立ちたい、と強く思っている人は、
いい大学に入りたい、いい会社に就職したいと思っている人とは、おのずと志が違っており、人生の生き方も変わってくるはずです。
 人それぞれ、スポーツの得意な人、芸術に秀でた人など、能力に差があるかもしれません。
しかし、能力だけですべてが決まってしまうほど、人生はつまらないものではありません。
能力の差を越えるのは志。志のある人は、よく学び、よき友、よき指導者に恵まれ、自らの人生を切り開き、すばらしい人生を歩むことができるものです。
大志を抱いて、それに向かって着実に歩みを進めていく日々を送ってほしいと願っています。

posted by 三田祥雲館 at 11:52 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年01月07日

祥雲雪景色

今朝の祥雲館は、雪景色でした雪

生徒たちが登校する前の、真っ白な景色をご覧くださいぴかぴか(新しい)

110107_005.jpg
築山からの日の出
110107_017.jpg
食堂前からみた大講義棟
110107_018.jpg
生徒会館から本館棟、左端の雪のきらめき
110107_019.jpg
回廊からみた体育館
posted by 三田祥雲館 at 17:59 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年01月06日

3年次センター練習会

12月29日(水)・30日(木)に本校大講義棟で、3年次生150人ほどがセンター練習会に参加しました。
PC290030.JPG

センター試験と同じスケジュールで、2日間問題に取り組みますexclamation
PC290031.JPG

年末にもかかわらず、参加している生徒は真剣に行っていましたグッド(上向き矢印)
PC290032.JPG

本番でも自分の力を十分発揮できるよう願っていますexclamation×2
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2011年01月01日

新年の挨拶

 新年明けましておめでとうございます。2011年は、開校して10年目の記念すべき年です。
在校生、保護者の皆様そして教職員が力を合わせ、10周年に相応しい、素晴しい1年になることを願っています。
 また、地域の学校として着実に歩むことができたのも、地域の皆様の温かいご支援とご協力の賜物と、あらためて感謝申し上げます。
10年の節目を迎え、これまでの取組にいっそう磨きをかけ、
さらに充実した教育活動を展開するべく、教職員一同、思いを一つにして邁進していく所存です。
これからも本校の教育活動にご理解、ご支援いただきますよう、お願いいたしまして、新年のご挨拶といたします。
学校長 市毛康之
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年12月24日

今年最後の全校集会

今日12月24日は、冬季休業前の締めくくりの日ですexclamation
まず、はじめに不審者が校内に侵入したという想定での、避難訓練を行いましたexclamation
P1020532.JPG
三田警察の方に講話をいただき、今後本当に不審者が侵入したときの対処方法を教わりましたパンチ
次は、大掃除を行いましたexclamation
大講義棟も一年の埃を落とすべく、しっかりと行いましたexclamation×2
P1020537.JPG
次は、全校集会、校長先生、生徒指導部長の講話があり、伝達表彰式、臨時生徒総会を行いましたexclamation×2
P1020543.JPG
P1020550.JPG
そして、最後はロングホームルームで終了でするんるん
次に全校生が集まるのは1月11日です。楽しいクリスマス、有意義な冬季休業を過ごして、元気な顔を見せてくださいわーい(嬉しい顔)

本日の校長先生の講話の内容は


 2010年もあとわずかとなりましたが、この1年は諸君にとってどんな1年でしたか?
3年次は進路希望の実現に向けて力を尽くした1年だったろうと思います。あともうひと頑張りです。すばらしい成果を期待しています。
2年次は、勉強に部活動に充実した1年を過ごしてくれたのではないかと思います。部活動の戦績も毎年良くなっており、頼もしい限りです。
1年次は、本校に入学して、はや9ヶ月、祥雲館の生徒としての自覚を持ち、規律ある行動ができるようになったと感心しています。
 さて、この1年、世界ではどのような出来事があったでしょうか。
1月、ハイチでM7.0の地震が発生、死者は20万人を超える。
2月、バンクーバー五輪の開催、トヨタのリコール問題、チリで巨大地震が発生。
4月、タイでの反政府行動は収まる気配を見せず、日本人ジャーナリストらが死亡。アイスランドでの噴火でヨーロッパの大半の空港が閉鎖。
5月、上海万博が開幕。欧州の金融危機が深刻化、EUはギリシャなどに対する緊急支援対策を発表。
7月、サッカーワールドカップでスペインがオランダを下して初優勝。
9月、尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件が起き、中国人船長逮捕。
10月、ノーベル化学賞を根岸・鈴木両氏が受賞する快挙。ノーベル平和賞が中国の人権活動家に与えられ、中国政府が強く反発。チリ落盤事故で閉じ込められた33人全員、69日ぶりに救出。中国のレアアース輸出制限が世界に波紋を広げる。
11月、ミャンマー民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん、7年半ぶりに解放。北朝鮮がヨンピョン島を砲撃、韓国軍兵士2人と民間人2人が死亡。告発サイトウィキリークスに米政府の公電25万通が暴露され、大きな問題となる。政治、経済、災害など多くの出来事が報じられています。
自分の目の前のことだけに囚われるのではなく、世界の出来事に目を向け、広い視野で、深く物事を考えてほしいものです。
 日本で仕事をしていても、世界を視野に入れることが大切だという例を2つ紹介します。
1つ目は、NHKの「ルソンの壷」という番組で取り上げていた、京都の和傘メーカーの話です。年商100万円という廃業の危機にあった会社を、5代目を継いだ社長が、年商5000万円以上というV字回復に成功した話でした。和傘の技術を生かした独自のインテリア照明を開発しましたが、日本ではあまり注目されず、ヨーロッパの見本市に出品して販売の道筋をつけ、今やフランスなど世界10カ国以上で販売されているとのこと。そして、海外のデザイナーと一緒に新しい商品開発をしているところだそうです。
2つ目は、国内唯一の小型鉛筆削り専業メーカーの話です。鉛筆削りひと筋に70年、シャープペンシルや低価格の中国産などの攻勢が続く中、年間700万個を生産しているとのこと。鋼を700度以上に熱し、金属と皮の研磨機にかけ、最後は社長が自分の指先で切れ味を確認。ドイツや中国などの海外ライバル製品を購入し、その切れ味や削り具合を常に確かめているとのこと。切れ味は世界のどの商品にも負けないと話していました。鉛筆削りに刻印されたジャパンの文字に、世界一の品質を求める気概が表れています。従業員15人の企業ですが、世界と競っています。
 ノーベル化学賞を受賞した根岸英一教授は、授賞決定直後のインタビューや記者会見で、「スポーツをやっても、何をやっても、もはや今は、舞台は世界だ」と語り、「日本はすごく居心地のいい社会なんでしょうけれど、若者よ、海外に出よ、と言いたい。たとえ海外で成功しなくとも、一定期間、日本を外側から見るという経験は何にもまして重要なはず」と勧めています。
私は、学生時代に英語がとても苦手でした。今でもそうですが。若い時は、英語が話せなくても、わからなくても、日本で生活するのだからかまわないと考えていましたが、今は、しっかりと学んでおけばよかったと後悔しています。
 祥雲館の校名は、学び舎の空に浮かぶ祥雲、めでたい雲のように明日の世界に卒業生が広がりわたり、社会の各分野で活躍・貢献する人材となることを願い、命名されています。開校当初より、英語の授業で少人数・習熟度授業を行い、3年前から西オーストラリア州で語学研修を行うなど取り組み、その実現を目指しています。諸君が世界を視野に入れて大きな夢を描き、その実現をめざして計画を立て実行し、将来、世界で活躍・貢献できる人に成長してくれることを願っています。


posted by 三田祥雲館 at 12:02 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年12月18日

米騒動!?

今年度の第1回祥雲文化セミナーが開催されましたぴかぴか(新しい)
前半の神戸大学大学院准教授河島真先生による
講義「米騒動と三田米」には生徒118名(一般の方1名を含む)が参加し、
皆、興味深いエピソードに聞き入っていましたひらめき
DSCN2467.jpg

後半のワークショップには、生徒25名(一般の方1名を含む)が参加し、
実際に使われていた大正期の米屋の帳簿をめくりながら、
史料から垣間見ることができる実態が明かされていくにつれ、
歴史の興味・関心がますます深まっていきましたわーい(嬉しい顔)
DSCN2496.jpg
DSCN2502.jpg
DSCN2520.jpg
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年12月17日

歯科保健指導がありました!

学校歯科医の松割聡先生、歯科衛生士さん2名に来て頂き、
歯科保健指導として、RDテスト、染め出し、ブラッシング指導などを行いましたぴかぴか(新しい)
25名の生徒が参加しました。

P1020495.JPG

染め出しをすることで、汚れの有無・磨き残しなどが分かり、
みんな一生懸命に鏡を見ながら、ブラッシングをしていますexclamation

P1020496.JPG

磨き終わると歯科衛生士さんにチェックをして頂きましたexclamation×2

P1020502.JPG

正しいブラッシング方法を今夜から実践して、虫歯にならないように予防していきましょうわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 18:09 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年12月16日

定期考査の後は・・・

後期中間考査も今日で終了!
家路を急ぐ生徒やら
SH3I0134.jpg
部活動でテストのストレスを解消する生徒やら
SH3I0136.jpg
SH3I0138.jpg
後日、お知らせする祥雲文化セミナーに参加する生徒やら、
それぞれの考査後の過ごし方がありましたexclamation

もうすぐクリスマスるんるん
皆さんは、どう過ごされますかexclamation&question
祥雲館のお隣の、関西学院大学のクリスマスツリーもきれいに点灯していますぴかぴか(新しい)
お隣のワシントン村のクリスマスイルミネーションもきれいですよるんるん
SH3I0142.jpg
posted by 三田祥雲館 at 17:28 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2010年12月10日

後期中間考査、スタート!!

冷たい風が吹く中、後期中間考査がスタートしましたexclamation
教室もストーブが入り、快適な環境でテストを受けていますわーい(嬉しい顔)
SH3I0123.jpg
さあ、テストの出来はどうでしょうかexclamation&question
良い結果が出ますように・・・ムード
posted by 三田祥雲館 at 12:57 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年11月17日

総合文化祭 百人一首かるた大会

11月3日、第34回兵庫県高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門大会が開催されましたぴかぴか(新しい)
本校からは、昨年度の1年次校内百人一首大会で
優勝、準優勝を果たした渡壁舞さんと福岡幸恵さんが一般の部に出場しましたexclamation×2
その成績は見事、3位、4位に輝きましたexclamation&question
二人とも、よくがんばりましたねわーい(嬉しい顔)
百人一首写真1.jpg
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年11月16日

祥雲紅葉

今日は、久々の快晴晴れ
祥雲館も紅葉真っ盛りですわーい(嬉しい顔)
それぞれ、どこの木か当ててくださいexclamation&question
101116_003.jpg
101116_005.jpg
101116_007.jpg
101116_011.jpg
101116_012.jpg
101116_015.jpg
101116_017.jpg
posted by 三田祥雲館 at 09:21 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年11月09日

読書感想文コンクールで好成績!

うれしい第一報が届きましたexclamation

全国学校図書館協議会(SLA)読書感想文コンクール丹有地区予選において、
2年次山本梨紗さんが優秀賞、
2年次佐藤颯季さんが優良賞を受賞しましたぴかぴか(新しい)
さらに山本さんの作品は丹有代表として、兵庫県予選に出品されていますかわいい
他のコンクールも含めて、審査結果を楽しみに待ちたいと思いますわーい(嬉しい顔) 
表彰.jpg

ところで生徒のみなさんexclamation読書の秋ですexclamation
現在本校図書委員会では「読書マラソン」と称して、多くの人に読書に親しんでもらおうとキャンペーンを実施中でするんるん
この機会にぜひ学校図書館に来てみてくださいねexclamation×2
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年11月08日

ミニオープンハイスクール報告

秋晴れ晴れの11月6日(土)、三田祥雲館のミニオープンハイスクールを開催しましたexclamation
この日は、夏のオープンハイスクールに参加できなかった中学生や保護者を対象に行い、
県下から中学生120名、保護者・教員を合わせて168名もの方が参加して下さいましたexclamation×2

校長先生の挨拶の後、本校のカリキュラムや探究活動、SSHについて説明を行い、
P1020218.JPG
P1020214.JPG
さらに生徒会長が校舎の説明をしました。
P1020217.JPG

閉会後は、理系探究活動やSSH関係のポスター発表などを行う「祥雲館サイエンスショップ 2010」が開催されましたぴかぴか(新しい)
P1020225.JPG
P1020220.JPG
P1020223.JPG

また部活動見学をする中学生も多く、大勢の参加者で賑わった1日となりましたexclamation
中学生の皆さん、未来の三田祥雲館生となれるように頑張ってくださいexclamation×2
一緒に学べる日を楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 08:01 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年11月05日

花壇完成!

11月にはいり、やっと天気が安定してきましたね晴れ

先日、お知らせした花壇が完成しましたexclamation
今度は、パンジー花壇ですかわいい
20101105_004.JPG

秋も深まってきて、学習に運動に最適の季節ですexclamation×2
20101105_002.JPG

今日は、関西学院大学総合政策学部のリサーチフェアです。
祥雲館の生徒たちも参加しますexclamation×2
是非、見に来てくださいわーい(嬉しい顔)
20101105_011.JPG
posted by 三田祥雲館 at 08:46 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年11月01日

11月全校集会

今日は、月初めの全校集会がありましたexclamation
まずはじめに、全員での校歌斉唱るんるん
続いて、校長先生の講話
P1020156.JPG
その後、ガイダンス部長の話
P1020161.JPG
最後に、表彰・伝達式
P1020165.JPG
水泳部、剣道部、読書感想文優秀者 おめでとうございますぴかぴか(新しい)

本日の校長先生の講話の内容は


 私は、今年の夏、SSH海外研修に参加した17名の生徒諸君と一緒に、NASA、スタンフォード大学などに行ってきました。スペースシャトルが宇宙に飛び立つ発射台を間近に見て宇宙を身近に感じ、コンピュータ関連企業の多く集まったシリコンバレー、そしてシリコンバレーに深くかかわっているスタンフォード大学に行き、ベンチャー企業の設立とその成功の物語を聞いて、元気と勇気をもらって帰ってきました。中でも、スタンフォード大学のキース・デブリン教授の講演は、とても興味深い内容だったので紹介します。
 教授は、講演の中で3つ、重要な秘訣を話しましたが、1つ目は、「失敗を恐れず実行する。何もしない方が恥ずかしい」です。1969年にスタンフォード大学内でデータ通信を始めたものがインターネットに発展したそうです。レーザー光線、シンセサイザーの原理、GPSなども、スタンフォード大学での研究から生まれ、世界的なコンピュータ関連会社の多くは、スタンフォード大学内の研究プロジェクトを起源としていると教授は話していました。
 スタンフォード大学を起源とする会社が100社あまりあり、その成功には、シリコンバレー独特の気風があるようです。いいアイディアを持っていて、起業、会社を作ろうとすると、まず資金集めをすることになりますが、シリコンバレーには、ベンチャーキャピタルと呼ばれる、お金を貸してくれる会社が集まっています。そこで面接を受けますが、その時の最初の質問が、「これまでどれだけの失敗をしたか」だそうです。過去の失敗の経験を生かして同じミスをおかさないかどうかを、ベンチャーキャピタルの資本家たちは知りたいのです。失敗をしたことがありますかという質問からはじまるのは、とてもユニークなアプローチです。世界中でもそのような融資の仕方をするのは、シリコンバレーぐらいだろうと教授は話していました。この地域の人たちには、リスクを取ろうとする姿勢が好まれるようです。そして、失敗したからといって誰も悪く思いませんし、失敗者の烙印を押すこともしません。だから、失敗を恐れず、果敢にチャレンジするそうです。
 2つ目の秘訣は、「信念を持って実行する」です。1993年から1994年に大学院生2人が論文を作成したときのエピソードを紹介してくれました。2人は、インターネットでどのようにものを探したらいいかについて論文を書くことにしました。しかし、彼らの担当教授は、卒業論文としてはだめだ、2人が提案している仕組みは不可能だと言ったそうです。2人は、自分達の考えた仕組みがうまくいくかどうか、自分達の方法論をコンピュータプログラムで作って、スタンフォードの学生たちに使ってもらって有効かどうか試してみることにしました。教授がその方法論では絶対だめだと言っていたにもかかわらず、プログラムはうまく機能して、非常にいい結果がでました。2人は、うまく行ったので、シリコンバレーにあるヤフーやネットスケープといった有力な企業にプログラムを売りに行きましたが、このやり方では成功しないと、どの企業も買わなかったそうです。そこで、スタンフォード大学の支援を受けて、自分達で会社を設立することにしました。その会社の名前は、グーグルです。教授にも、有力企業にノーと言われても、信念を持って実行したからこそ、今のグーグルがあるということです。
 最後に、3つ目の秘訣は、「人の見ていないところで努力する」です。キース・デブリン教授は、数学が専門なので、質問の時間に、「数学が苦手だけれども、どうやったら数学が好きになれますか」と質問した人がいました。その答えは次のようなものでした。数学に取り組むしかないでしょう。数学をすごく楽そうに勉強している人たちは、皆さんが見ていないときに、コツコツと努力を重ねているはずです。だから、見えるときには楽そうにしているのです。
 今紹介した3つの秘訣は、人生で成功するためには欠かせないものだと思います。ぜひ諸君にも実行してほしいと思います。
posted by 三田祥雲館 at 12:49 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年10月30日

人権教育講演会〜デートDV防止〜

冬のような寒さの27日、体育館にて人権教育講演会が行われましたexclamation
講演の内容は、「デートDV防止」について黒ハート

P1020116.JPG

生徒による寸劇や講演を聞いて、DVに対する正しい理解、
お互いを尊重し合える男女の生き方・在り方を学び考える機会となりましたexclamation×2

P1020117.JPG
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2010年10月27日

冬支度?

昨日木枯らし1号が吹き、今朝は本当に寒い朝を迎えましたexclamation

大講義棟前の花壇も衣替え
SH3I0106.jpg
SH3I0107.jpg
次は、どんな花が植えられるのでしょうかexclamation&question

自転車置き場の木々も、すっかり紅葉しましたexclamation×2
SH3I0108.jpg

風邪を引かないように注意してくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 15:15 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記

2010年10月21日

10月考査終了!

すっかり秋らしくなり、肌寒い季節になりました。
教室内には、風邪気味の生徒もちらほら・・・。
でも、頭を悩ませながら最後までテストを頑張りました「!!」

P1020006.JPG

テスト終了の瞬間、「終わった〜上向きカーブ矢印」という表情を浮かべる生徒たち。
テストのために一生懸命勉強して、50分間集中して受けたからこそ、この気持ちが生まれるのでしょうか「!?」
今日から部活も再開です!
3年次も、進路実現に向けて頑張りましょう八分音符

P1020008.JPG
posted by 三田祥雲館 at 10:50 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | 日記

2010年10月18日

10月考査開始!

秋晴れの中、10月考査が始まりましたexclamation
毎日の勉強の成果を、十分発揮してくださいわーい(嬉しい顔)

今日から4日間、がんばってくださいネグッド(上向き矢印)

SH3I0096.jpg
朝の祥雲里山(築山)の風景です。そろそろ紅葉が始まり、
畑の野菜も元気に育っています。
posted by 三田祥雲館 at 08:53 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年10月15日

音楽ってステキ♪♪

3連休が終わった12日(火)、
育友会アウトリーチ事業として弦楽四重奏の演奏会が行われましたぴかぴか(新しい)
演奏して下さったのは、兵庫芸術文化センター管弦楽団の選抜メンバーの方々わーい(嬉しい顔)
この楽団は、世界的に活躍する指揮者、佐渡裕氏を芸術監督として活動しています。
楽団員も、世界各地でオーディションを行い、その難関を突破した将来有望な演奏家たちで構成されているそうですexclamation

P1010984.JPG

演奏会では、「ユーモレスク」のように親しみやすい曲から、
オペラの名曲「カルメン」より「アラゴネーズ」そしてアンコールとして「ハバネラ」を演奏してくださいましたるんるん
DVDやテレビで観る演奏とは違い、やはり生の音楽はステキですexclamation×2
演奏者の表情、息遣い、質の高い音を聴くことができ、とても感動的な演奏会になりましたグッド(上向き矢印)

P1010985.JPG
posted by 三田祥雲館 at 07:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年10月07日

秋の訪れ

朝晩、すっかり涼しくなってきましたネ、
祥雲館にも秋が訪れてきたようです。
事務室前のアメリカフウも、一部色づきはじめましたexclamation
SH3I0090.jpg

駐輪場前のアメリカフウも色づき始めていますexclamation×2
SH3I0092.jpg

あと半月もすれば、校内が赤や黄や緑の葉で覆われる美しい時期になりますぴかぴか(新しい)

その時期がくれば、また紹介します。楽しみにしていてくださいわーい(嬉しい顔)
posted by 三田祥雲館 at 08:09 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年10月01日

後期スタート!

秋晴れの中、平成22年度後期が始まりましたexclamation

SH3I0085.jpg

1限目始業式、校歌斉唱のあと
校長講話、生徒指導部長講話がありました。
P1010867.JPG
P1010871.JPG

今日は、4限目には2年次探究基礎発表会「ポスターセッションの部」
5・6限目には、「口頭発表の部」が行われましたexclamation×2

本日の校長先生の講話の内容は


 新しい学期が始まる節目の日です。9月の集会で話したPDCAサイクルを実践してください。前期を振り返り、よくやったと自分をほめたりここはもう一つだったと改善策を考えたり、思いを新たに、後期では、さらに自分に磨きをかけることを期待しています。
 「節から芽が出る」という言葉があります。自然界の当たり前のことを言った言葉ですが、ときに人間にあてはめて使われることがあります。他人から見たら順風満帆で成功しているような人でも、 大なり小なり「病気」「怪我」「挫折」「失敗」等、 様々な「節目」を経験し、そこで辛抱し、 頑張り、「成功」しているのだと思います。植物も人間も「節目」で腐らないで頑張ることが大切なのだと思います。
 高校生にとって、就職試験や進学のための受験は、大きな節目となります。3年次生は、弱気になったり妥協したりせず、最後まで力を尽くして、自分の可能性にチャレンジしてください。1・2年次生もまだまだ時間はあると考えず、今できること、しなければならないことに、精一杯取り組んでください。
 今日は、節目について話していますが、困難を伴う節目を乗りこえた人は、接する人の苦しみや痛みをよくわかるようになります。論語の中に次のような記述があります。子貢(しこう)問(と)うて曰(いわ)く、一言(いちげん)にして以(もつ)て終身(しゅうしん)これを行(おこな)うべき者(もの)ありや。子(し)曰(いわ)く、其(そ)れ恕(じょ)か。己(おのれ)の欲(ほつ)せざる所(ところ)、人(ひと)に施(ほどこ)すこと勿(な)かれ(衛霊公第15・24)。わかり易くいうと、「たった一言で言えて、かつ生涯において信じるに足りるものがありますか」孔子の答えは明確でした。「それは『思いやり』であろう。自分がされたくないことは、人にもしてはならないということだ」。

 「恕(じょ)」とは「思いやり」です。つまり、人間は生涯において、他への思いやりを忘れずにいられたならば、それでもう十分だということです。やはり孔子の弟子である曾子(そうし)は、「夫子(ふうし)の道(みち)は忠恕(ちゅうじょ)のみ」と言いました(里仁第4・15)。「孔子の教えは『忠(ちゅう)』と『恕』につきるのです」という意味です。『忠』とは真心を尽くすこと、『恕』が、先ほども言ったとおり、他人のことを思いやる気持ちです。社会生活を営んでいくには、他者との関わりを避けて通ることはできません。他者と良好な人間関係を構築する秘訣は、真心と思いやりだということです。
 残念ながら、最近、学校に苦情がありました。自転車通学のマナーが悪いこと、バスや電車の中で他の乗客の迷惑も考えず大声で話していることなどです。楽をしようとか、ちょっとくらいなら、との考えが頭をよぎるときは、自分勝手な行動になり、人のひんしゅくをかうことがよくあります。また、友人との会話に夢中になったときに周りへの配慮に欠けた行動をしてしまい、後でしまったと思ったことがあるはずです。思いやりのある言動ができるようになるには、日々の生活の中で常に心がけている必要があります。
 学校で教科の学習をすることだけが学ぶことではありません。思いやりの気持ちをはじめ、良識ある社会人となるための学びをしてほしいものだと思います。

posted by 三田祥雲館 at 17:23 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年09月14日

1、3年次 校外学習に行ってきました!

2年次修学旅行の最終日、学校で勉強していた1年次と3年次も校外学習に行ってきましたexclamation
今年は両年次ともに京都で自由研修でするんるん

1年次は、職業体験学習として森陶芸館で陶器に絵付け体験をした後、
班に分かれて京都市内を自由に散策しました目
100910_1043_0001.jpg
100910_1051_0001.jpg

3年次は、清水寺やあらかじめ班で相談した京都の大学1校を見学して、
班別自由研修を行いましたビル
PAP_0001.JPGPAP_0009.JPG
PAP_0002.JPG

学校を離れ、歴史や文化が薫る古都京都を散策し、いろんな体験ができましたぴかぴか(新しい)
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | 日記

2010年09月09日

台風一過、小さい秋み〜つけた

SH3I0046.jpg
台風台風も通り過ぎ、朝の陽射しもやわらき、
祥雲館も修学旅行の北海道に負けない清々しい朝を迎えましたexclamation
明日は、1・3年次生は遠足です、京都の秋を満喫して、気分をリフレッシュして下
さいexclamation×2
posted by 三田祥雲館 at 08:00 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | 日記