2018年02月19日

祥雲&こうみんサイエンスカフェを開催しました。

2月10日(土)、ウッディタウン市民センターにて、祥雲&こうみんサイエンスカフェを開催しました。本校が三田市「こうみん未来塾」の協力を得て、今年初めて企画したイベントです。小学生から大人まで100名が集まり、お茶とお菓子をいただきながら、サイエンスについて語り合いました。
内容は、次のとおりです。

1 本校校長による開会あいさつ
1IMGP6782.jpg 2iOS.jpg

2 祥雲館高校のステージ発表 理科部と天文部が日頃の活動を紹介しました。
3.5IMGP6794.jpg 3IMGP6811.jpg
 
3 三田市内小中学生夏休み自由研究優秀者の発表  高校生によるインタビュー形式で、小学生1名と中学生1名に発表していただきました。「たい空時間の長い紙ふぶきを作ろう!」の発表では、くす玉の実演もありました。
4IMGP6829.jpg 5IMGP6838.jpg  

4 こうみん未来塾の発表  弥富実行委員会からの活動報告に加え、こうみん未来塾塾長として、三田市長からのごあいさつもありました。
5.5IMGP6854.jpg 6IMGP6860.jpg
 
5 ポスターセッション 後半は、会場周囲にパネルに掲示したポスターを利用して、様々な研究や取組みを紹介しました。参加者は、飲みものを片手に、発表者とのディスカッションを楽しみました。
7iOS.jpg 9iOS.jpg  

この会は、理科部、天文部、家庭科部の生徒が司会や受付などを担当しました。カップケーキ、クッキーは家庭科部の手作りです。ポスターセッションは、部活の他に、探究Uで優秀な研究成果をあげた2年次生が発表しました。それぞれの生徒が、自覚をもって自分の役割を果たし、また、多くの人に声をかけていただいたことで、とても有意義な時間にすることができました。

10iOS.jpg 11IMGP6779.jpg  

最後に、アンケートの一部を紹介します。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
・高校生のみなさんの、サイエンスにまっすぐに向かう姿勢に感動しました。すべての発表が、それぞれに素晴らしく、良い1日となりました。
・各発表がとても素晴らしく、ためになるものばかりだったので、とても面白かった。また、家庭科部が出してくれたお菓子もとてもおいしかった。第2回も、是非開催してほしいと思った。
posted by 三田祥雲館 at 20:27 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年02月14日

人と自然の博物館「第13回共生のひろば」に参加しました。

 2月11日(日)、人と自然の博物館にて、第13回共生のひろばが開催されました。三田祥雲館高校は、「コオロギの闘争行動」「日本国内におけるヒアリ定着の可能性」「プラナリア。外来種は在来種を駆逐するか?」「台風22号による三田市の倒木の方向」の4本のポスターを発表しました。発表したのは、理科部生物班、探究Uの代表生徒、理科教員です。

P2113277.jpg20180211_061108043_iOS.jpg
P2113298.jpgP2113276.jpg 

 「共生のひろば」とは、博物館の地域研究員や連携活動グループをはじめ、幼児からシニアまで様々な立場の方が地域の自然や環境、地域づくり等について研究発表する場です。そのような場で自分たちの研究を発表したことで、多くの専門の方から有意義なアドバイスをいただくことができました。また、「頑張ってね」と励まされたりもして、これから研究を続けていく上で、モチベーションを大きくアップさせることができました。
人と自然の博物館のみなさま、アドバイスを頂いたみなさま、ありがとうございました。
posted by 三田祥雲館 at 20:29 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年02月04日

5年連続全国大会出場決定! ロボカップジュニアサッカー(理科部&自律制御ゼミ)

 3月31日〜4月1日 和歌山ビッグホエールで開催される
【RoboCupJunior JAPAN OPEN 2018 和歌山】の出場権をかけた阪神ブロック大会にteam.祥雲 3チームが参加しました。
WorldLeagueOpen 1チーム
【team祥雲 S Edition】(2年次 今川・生田・川瀬)
WorldLeagueLightWeight 2チーム
【team祥雲 N Edition】(2年次 福田・門島 1年次 三木)
team祥雲 D Edition】(2年次 堀田・酒井・守永)
 2018年より、オープンリーグは画像処理を必要とするパッシブボールによる競技となり、参加するための敷居が少し高くなったようです。
そこで【team.祥雲】としては「ピンチはチャンス!」とばかりオープンリーグに積極的に参加しました。
また、今までの技術継承をするため軽量化にも取り組みライトウエイトリーグにも参加しました。

20180203_010228427_iOS.jpg20180203_011136963_iOS.jpg
開会式 ブロック長挨拶            キャプテンミーティング


まずは、WorldLeagueLightWeight(ライトウエイトリーグ)から報告します。
ライトウエイトリーグは阪神ブロックは神戸・尼崎の2つのノード大会から勝ち抜いてきたチームによる3グループによるリーグ戦を行い、上位8チームによる決勝トーナメントの組み合わせを決定します。ハーフ3分、退場30秒、プッシング・ダブルディフェンスを取らないルールで試合が行われました。

WL-2リーグ 【team.祥雲D Edition】VS【@家2018】(大学生)2-11で負け
  VS【双龍】(尼崎双星)7-5で勝ち  VS【双蛇】(尼崎双星)10-0で勝ち
20180203_030006987_iOS.jpg20180203_030811649_iOS.jpg
 自律制御型ロボット同士の対戦ですから、最初の電源ONをミスすると動かず故障扱いとなります。第1戦、FW機にミスが続き得点ができません。また、ノード大会では調子の良かったDF機の動きが悪く、何度か故障扱いとなります。2台とも故障扱いとなると相手に得点が与えられます。
 リーグ戦を通して2勝1負となり、なんとかトーナメント戦に進出しました。

WL-3リーグ 【team.祥雲N Edition】VS【電工】(神戸高専)9-2で勝ち
   VS【ロボタソ堂】(三田学園物理部)8-4で勝ち  VS【双炎】(尼崎双星)11-1で勝ち
20180203_030011023_iOS.jpg20180203_030806480_iOS.jpg
 リーグ戦3戦全勝でトーナメント戦に進出。順調のように思えるのですが、2台とも試合途中、今までなかったオムニホイールの脱落が続き、故障扱いが頻繁に続きました。また、FW機の調子が上がらず、決定力に欠ける試合が続きました。

トーナメント戦
180203500fig.png

準々決勝(ベスト8)で同門(team.祥雲)対決となりました。
20180203_054812820_iOS.jpg
【N Edition】
FW機 オムニホイールの脱落、直近にボールがあるのにキックができない。
DF機 積極的にオーバーラップするのだが、敵陣ゴール横の白線を踏むと動けなくなる。
【D Edition】
DF機 リーグ戦と同様に試合途中よりボールに反応しなくなる。
決定力を欠く試合が展開される中、しっかり電源投入できた時のD Edition FW機が得点を重ね、5-2で【D Edition】が勝ちました。

準決勝(ベスト4)vs【双炎】
20180203_062410382_iOS.jpg
機動性の良い【双炎】のロボット相手に一進一退を続け、6-6の同点となる。延長時間に入り、Vゴールを決められ負けてしまいました。
その後、3位決定戦で【HUGE】と対戦、3-4で負けて、4位となりました。

5位決定戦 vs【ロボタソ堂】(三田学園物理部)
相手チームは故障の為、1台で参戦(電子部品を搭載してぶつけ合う競技のため故障はよくあります。)
FW機が復調しない中、何とか8-4で勝つことができ、5位となりました。


次にWorldLeagueOpenを報告します。
20180203_053013178_iOS.jpg20180203_053040403_iOS.jpg
オープンリーグは、尼崎ノードと同様【KCCT Sunrise】(神戸高専)と4試合を行いました。
相手チームは1台での参戦となりましたが、試合を重ねるごとに調子を上げていき、最終試合では7-14で勝ちましたが、これで2台そろっていればどうなっていたかわかりません。

 成績発表
WorldLeagueOpen
優勝 【team.祥雲 S Edition】(2年次 今川・生田・川瀬)
     対戦成績 4戦全勝 全国大会出場権獲得

20180203_082145554_iOS.jpg20180203_083702331_iOS.jpg

大会役員の皆さん、メンター(保護者)の皆さん本当にありがとうございました。
「ロボカップジュニア・ジャパンオープン2018和歌山」までには、ロボットの精度をもっと上げて、「team.祥雲歴代最高全国順位6位」以上を目指して頑張ります。

そして夢の世界大会RoboCup 2018 MONTREAL_CANADA(カナダ開催)へ行きたいな。
posted by 三田祥雲館 at 17:22 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年02月02日

祥雲星空教室

 天文部は1月27日(土)午後5時半から三田市「こうみん未来塾」との共催で第17回星空教室を開きました。朝から雪も降り、大変寒い日でしたが三田市内の小学生とその保護者、約50名が集まってくださいました。

開会.jpg
「情報2にたくさんの子供たちが集まってくれました」

今回のメインテーマはアルデバランと月が接近する様子の観測でした。1月27日は東北地方以北でアルデバラン食が起こる日でした。三田ではアルデバラン食は起こりませんが、食が起こる北海道なよろ市立天文台のネット中継と三田祥雲館高校から見たアルデバランと月の様子を比較しました。私たちもUstreamを使って天文部の望遠鏡で捉えた月とアルデバランの様子をインターネット中継しました。
 最初は情報教室2で、一年生部員がスライドを使いながら1月31日の皆既月食や夏の火星大接近など2018年の天文現象の解説を行いました。2018年は天文現象が豊富で大変話題が多い年です。

月が星を隠す解説.jpg
「なぜ星食が起こるか説明しています!」

 途中、6時20分頃には亀井宇宙飛行士が搭乗する国際宇宙ステーション(ISS)が日本海上空を通過していく様子を一旦駐車場に出て観測しました。人工衛星を肉眼で見るのは初めて、という子供たちも多くいて大変盛り上がりました。室内に戻り後半の解説が終わった後、2班に分かれ望遠鏡を使って月とアルデバラン、それと冬の空の王様オリオン大星雲を観測して頂きました。
 待機している班の方には室内で引き続き名寄市の様子と三田祥雲館の中継を並べて映示し、比較しながら観測してもらいました。途中、7時前に名寄の中継でアルデバランが月に隠れた時には歓声が上がりました。

ネット中継比較.JPG
「祥雲館発のライブ中継(左)となよろ天文台の中継(右)を並べて映写し比べてもらました。祥雲館の画像にはアルデバランが映っていますが、名寄では月に隠れてアルデバランは見えていません。」

 参加者の感想の一部を紹介させて頂きます。
・ISSを初めて見て、消える瞬間まで見ることができて、すごく貴重な体験ができ、とてもうれしかったです。(中2)
・初めて月の模様を見たり、望遠鏡を初めて使えたり、アルデバランを初めて見られたのがうれしかった。(小5)
・望遠鏡でお月さまと星がきれいに見られて、うれしかったです。(小1)
・土星食、木星食について知り、はじめて聞くので何かわからなかったけど、動画を見てすごく感動しました。(中2)
・丁寧にわかりやすく説明していただき、とても分かったしおもしろかったので、また来たいです。(小5)
・お兄ちゃんやお姉ちゃんががんばっていた。(小3)
・宇宙船は、1秒間に8kmも進むなんてびっくりしました。(小3)
・また来たいです。(小1)

 今回は50名の定員に対して100名以上の応募があり皆さんの期待も大きかった様ですが、アンケートの結果を見ると大変満足して頂けたようで本当に良かったです。今回はネット中継の準備にも大変力を注ぎ頑張りました。名寄市の天候も良い方に予報が外れてくれて、2箇所の比較が成功してうれしかったです。
 2018年は天文イベントが多いので、これからも星空教室を開き、多くの市民の皆さんに楽しんで頂きたいと思っています。
posted by 三田祥雲館 at 00:42 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年01月30日

サイエンスフェアin兵庫に参加しました。

 1月28日(日)に神戸市のポートアイランドで催された“サイエンスフェアin兵庫”に行ってきました。サイエンスフェアは兵庫県「咲いテク」事業のメインイベントともいうべき大会で、県内のSSH指定9校を含め40校以上の高校の他、大学、企業、研究機関も多数参加する大会で、文部科学省や科学技術振興機構からも高い評価を得ています。
 本校の参加者は141名(2年次の理系生徒、1年次の自然科学への誘い受講者、天文部、放送部の生徒など)で、口頭発表に1グループ、ポスター発表に5グループがエントリーしました。発表の他にも、若手研究者を囲んでのサイエンスカフェや講演会、理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」の見学など充実した内容でした。
 まずは、本校の発表内容を紹介します。

@口頭発表「太陽フレアから地球を守れ〜宇宙天気予報への挑戦〜」
18012841.jpg
 内容:過去40年間の黒点の出現状況を詳細に調査した。1万個に及ぶ黒点の最大面積、フレア指数、発達した磁気タイプを一つのデータベースにまとめた。その結果、βγδタイプなど複雑な磁気タイプを持つ黒点が大規模フレアを発生させる原因であることがわかった。さらに地球に影響があるフレアの発生位置は中央経度付近または西寄りの位置であることが判明した。また大きなフレアはそのある時期に著しく面積が増大しフレアを発生させない黒点とは明確な違いがあることがわかった。

Aポスター発表「ドローンによる植生調査 〜校内雑木林の竹林分布〜」
18012842.jpg
 内容:近年、里山において竹林が徐々に拡大し環境に与える影響が問題視されている。本校敷地内には雑木林があり、竹が分布している。そこで、竹の分布域の拡大の様子について年数をかけた調査を計画している。ただし、地上からの植生の調査は時間と労力がかかる。ドローンを用いて空撮し、画像を解析することで調査が格段に進むと考えた。今回は、その初回調査と画像解析の結果について報告する。

Bポスター発表「みんなの味方、乳酸菌」
18012843.jpg
 内容:私達は乳酸菌が、どうして健康に良いと言われているのかを科学的に検証しました。人間の体内環境での生育状況や、大腸菌などのいわゆる”悪玉菌”の増殖を抑えるのか、などを実験し、さらに、乳酸菌が活発に働く条件と、働くことができる最低条件についても調べました。今回、BCP培地を使って乳酸菌の生育を確認しました。紫色の培地が乳酸菌の生成物である乳酸に反応して黄色に変化するので見た目にも分かりやすい実験です。

Cポスター発表「コオロギの配偶行動 〜もてない君の大変身 人工求愛歌を用いて〜」
18012844.jpg
 内容:コオロギが配偶行動に至るまでには様々な条件が必要である。触角・聴覚器・視覚器および誘引歌や求愛歌などの鳴き声などである。我々はコオロギの配偶行動を解析し、求愛歌が必要であることを明らかにした。さらにどんな求愛歌がもてるのかを解析、低周波発振器を用いて人工求愛歌の作製、人工求愛歌を用いた配偶行動について報告する。

Dポスター発表「倍数判定について」
18012845.jpg
 内容:「各位の和が3の倍数であれば,その数は3の倍数である」などの倍数判定法について探究をした。すべての整数に対し,倍数判定法が存在するのか,あるいはもっとも簡単な判定を見つけることができるのかなどに焦点を当て,代数的な観点から考察した。

Eポスター発表「校内サービスのWebベースでの利活用〜保健室をモデルにした情報の流れの把握〜」
18012846.jpg
 内容:校内で行き交う様々な情報はこれまで紙に記録し保存され、統計データは事後に集約されるのが一般的であった。現在では市販のソフトウェアを利用して運用されつつあるが、本校では保健室利用などはまだ一旦は紙に記載し養護担当の手作業でのデータ入力されている。個人の特定に生徒の持つ通学定期などのICカードを利用してリアルタイムに情報を把握するとともに、図書館や食堂のデータとも合わせて校内の情報の一元管理を試みる。

次は、2月2日に、「探究U発表会」が本校で行われます。
2年次生の1年間の探究活動の成果(文理合わせて50タイトル)を発表します。ぜひ見に来てくださいね。
posted by 三田祥雲館 at 20:14 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年01月26日

SS探究T ディベート大会

1月24日(水) ディベート大会

各講座内で優秀なディベートとされた6組がディベートを行いました。
1月上旬に代表班が発表されてからしっかりと調査・対策を行ってきました。
今日はその成果を発揮する日です。

生徒代表から開会の言葉がありました。
DSCN6390.JPG

学校長より挨拶。
DSCN6397.JPG

ディベート第一戦目は「大学入学共通テストを廃止し,センター試験を復活すべきである。是か非か。」というテーマでした。
立論・反対尋問・反駁・最終弁論としっかり述べられていました。
とくに反対尋問においては相手の立論を否定するために鋭い質問がありました。
「大学入学共通テストは複数回受験になり,お金をもっている人が有利になってしまう制度であるとありましたが,センター試験を用いた現行の受験制度でも私立大学の受験などはお金をもっている人が有利になるので,大学入学共通入学テストだけがお金をもっている人が有利とは言えないのではないですか。」
といいつつ,具体的なセンター試験や私立大学の受験料を示せていたのは素晴らしかったですね。
DSCN6411.JPGDSCN6415.JPG

反対尋問と反駁の間にある作戦タイムでは巻き返しのチャンスです。
しっかりとグループで反駁・最終弁論の計画を立てていきます。
DSCN6471.JPG

ディベート第二戦目は「血液による性格判断は信頼できる,是か非か。」というテーマでした。
一見すると,否定側が圧倒的に不利なようにも思えますが,肯定側もなぜ信頼できるのかというのを外国の研究調査などを用いて必死に主張を行っていました。論理的に説明できていたように思えましたよ!
DSCN6463.JPGDSCN6478.JPG

ディベート第三戦目は「学校は積極的に宿題を出すべきである。是か非か。」というテーマでした。
なぜ宿題を出すといいのか,逆にダメなのかは感情論だけで主張してもディベートでは勝利できません。双方のグループとも外国の論文で発表されたことや,国内の具体的な調査・事例が提示されていました。
DSCN6505.JPGDSCN6520.JPG

審査をする生徒たちも真剣そのものです。挙手で投票を行い,その場で結果を発表します。
DSCN6475.JPGDSCN6449.JPG

司会・掲示をしてくれた生徒たちののお蔭で円滑にディベート大会が進むことができました。
DSCN6386.JPGDSCN6500.JPG

今回のディベートに関して,また今後の探究活動・社会に出てからディベートがどのように役立つかというのを校長先生より好評をいただきました。
今後の勉強・生活においてしっかり生かしていきましょうね。
DSCN6541.JPG

生徒代表から閉会の言葉がありました。
DSCN6549.JPG

これでSS探究Tの最後の目玉のディベート講座が終わりました。
ここからは,SS探究Uに向けて,2年次生の探究U発表会や2回の基礎学習を通してしっかり学び,自らのテーマを探究していきましょう。
posted by 三田祥雲館 at 10:24 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年01月21日

RobocupJunior2018 阪神ブロック大会進出!(理科部&自律制御ゼミ)

こんにちは!「team.祥雲」理科部&自律制御ゼミ合同チームです。
1月20日(土)尼崎商工会議所にて尼崎ノード大会(地区予選)が行われました。「team.祥雲」にとっては、今年で6シーズン目となります。

今シーズン「WorldLeagueオープン(旧Bオープン)」の競技規定が改訂され、赤外線パルス発光ボールからパッシブボール(オレンジ色のボール)を使用することになりました。
カメラを搭載したロボットが、ボールのオレンジ色を識別し、サッカー競技を行う。最新自動車の自動運転の基礎技術を小型自律制御ロボットに搭載します。

180120501.JPG180120502.JPG
今シーズンのteam祥雲は「WorldLeagueオープン」に1チーム 「WorldLeagueライトウエイト」(1.1kg以下、赤外線ボール使用)に2チームがエントリーしました。

 まずは、9チームが対戦した「WorldLeagueライトウエイト」の報告をします。
「強さそのまま、重量1/2へ」を合言葉に昨シーズンのオープンリーグロボット2.3kgから1.1kgへのロボットダイエット作戦に成功。初のライトウエイトリーグに参加します。

【team.祥雲 D edition】
180120505.JPG180120506.jpg
㋐リーグで対戦
 昨年度の兵庫ブロック優勝チームOB「@家2018」と対戦。初戦を6-2で負けますが、気持ちを切り替え、残り2戦を勝ち、2勝1敗で2位となりました。

【team.祥雲 N edition】
180120503.JPG180120504.jpg
㋑リーグで対戦
途中1台が、故障の為退場しましたが、3戦全勝でリーグ1位となりました。

各リーグ戦の結果、決勝トーナメントは【team.祥雲】同士の準決勝戦となりました。
180120507.jpg180120508.jpg
【D edition】1:7【N edition】

決勝戦 【N edition】vs【@家2018】
180120509.jpg180120510.jpg
さすが「RobocupJuniorJAPAN2017ライトウエイトリーグ10位」の力はすごいです。「2-6」で完敗しました。

第3位決定戦 【D edition】vs【双龍】
180120511.jpg 180120512.jpg
尼崎双星高校の看板チーム【双龍】。今年は、ともにライトウエイトでの対戦となりました。互いのチームの総力戦の結果「4-3」で辛勝しました。

 続いて「WorldLeagueオープン」の報告をします。
「パッシブボール対応」が可能か?新技術導入がハードルとなり、今年は、神戸工専と本校の2チームのみのエントリーとなりました。
180120513.jpg180120514.jpg
【KCCT Sunrise】は、昨日CPUボードが破損したために1台のみで参加となりました。
2チームによる3試合が行われ対戦成績「3-0」で【team.祥雲 S edition】が勝ちました。
180120515.jpg180120516.jpg
ハーフタイムには、「パッシブボール追跡システム」のプレゼンも行いました。

結果発表
「WorldLeagueライトウエイト」
180120517.jpg180120518.jpg
第2位【team.祥雲 N edition】  第3位【team.祥雲 D edition】

「WorldLeagueオープン」
180120519.jpg180120520.jpg
優勝【team.祥雲 S edition】

【team.祥雲】3チームとも阪神ブロック大会に進出することができましたが。
2月3日(土)には「神戸ノード」と「尼崎ノード」を合わせた阪神ブロック(地区本選)大会が開催されます。今回見つかった多くの課題を克服できるようにがんばっていきます。

審判をはじめ多くの大会役員&メンターの皆さま、今日1日ありがとうございました。
posted by 三田祥雲館 at 16:54 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年01月18日

SS探究T SS探究Uへの基礎講座 〜文系編@〜

1月17日(水)

本日よりSS探究TはSS探究Uに向けて文理別に分けて基礎講座を開始しました。
本日は文系の基礎講座を紹介します。

DSCN6357.JPG
本日の授業内容は「研究テーマの決め方,NGテーマってどんなもの」でした。

DSCN6361.JPG
まず,参考文献の書き方を復習した後,「研究テーマを決定しよう!@」のプリントの説明に移りました。
SS探究Uに向けて,各個人で自分の興味のあること,関心のあるテーマにアンテナを張って,調べることが必要となります。

ただし,例えば……
DSCN6362.JPGDSCN6365.JPG
「都市における子供の学力低下問題と学力向上の手法について考える」というテーマがあったとして,一見よさそうに見えるテーマでも,このテーマはNGテーマであるという話がありました。
生徒もメモをしっかりとりながら真剣に聞いています。

DSCN6366.JPG

その理由は……
 @都市とはどこを指しているのかが曖昧である
 A子供は何歳ぐらいの子を指しているのか。
 B「学力」の定義が曖昧。表現する力?知識量?資料を活用する力?
 C学力低下問題とありますが,そもそも学力は低下しているのか。

などという「ツッコミ」が入ります。

そのため,なるべく「具体的」な研究テーマを設定することが必要となりますし,Cのような意見に対しての論証も必要となります。
これを今から各個人の調査や2年次の探究Uの発表を通して,テーマをしっかり固めていきましょう。
posted by 三田祥雲館 at 09:00 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2018年01月17日

SS探究T ディベート講座 〜ディベート・マッチ〜

12月13日(水)・20日(水)

今回はディベート・マッチがありました。ディベート講座のガイダンスや即興ディベート,情報収集作業を経て,
各グループで対策をしてきた成果を発揮する日です。
これまでしっかり調べてきただけあって,即興ディベートよりも論理的で,説得力のある主張ができていました。
相手の質疑に対しても,しっかり返せているシーンもありました。
DSCN5968.JPGDSCN5951.JPG

今回のディベート・マッチでは反対尋問と反駁の間の作戦タイムを設けました。
作戦タイムをチームでしっかり活用して,後半への巻き返しに臨みます。
DSCN5962.JPG

採点をする方も真剣です。
どちらの意見の方が論理的で説得力のあるものか,感情論ではなく客観的なデータを述べられているかなどが審査対象となります。
DSCN5998.JPG

結果として,勝利したチーム・敗戦したチームがありますが,
その中でも代表班として選ばれた班は,1月24日のディベート大会で全力を出し切りましょう。
posted by 三田祥雲館 at 21:28 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年12月16日

兵庫「咲いテク」事業『Rikejoを囲む会 in 龍野』

『Rikejoを囲む会 in 龍野』が開催されている龍野高校にきています。

午前中は神戸女学院大学人間科学部の高岡素子教授による講義。
「私はまだ私を知らない。理系選択の未来予想図」と題した講義は、高岡先生の幼い頃から持ち続けた興味関心がどのように今につながり将来に向かっているかという、進路に悩む高校生にも大変わかりやすいお話でした。

0F87748D-22E7-419F-BEE2-59168B55D1D3.jpeg

午前の後半は、4人ずつの班で「若者言葉」を書き出して分類、その言葉が生まれてきた時代背景を考察、班ごとに発表するという設定で始まりました。
班のメンバーは先程出会ったばかりの他校生。最初がぎこちない自己紹介から始まりましたが、すぐに打ち解けてディスカッションが始まりました。

436E65BD-168E-400C-96A2-EA6AAD0FF653.jpeg

午後は部屋を移動して実験室へ。龍野といえば醤油。実験課題も『醤油に含まれる塩分濃度の測定』です。

47350C32-B467-4E0F-8DF2-D8F1BA590612.jpeg

男子生徒に参加が少なく、『Rikejoに囲まれる会』になってしまいましたが、有意義な1日を過ごしました。
続きを読む
posted by 三田祥雲館 at 14:25 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年12月02日

ゆずりは賞を受賞しました!天文部

12月1日(金)兵庫県公館で平成29年度第一回ゆずりは賞の授賞式が行われました。天文部は8月に全国総文で最優秀賞を受賞したことにより表彰を受けました。“ゆずりは賞”は、学校教育や社会教育等の分野で、多くの人々の模範となるような立派な行為や有益な研究・発明をした個人や団体を表彰しその功績をたたえるものです。この名誉ある賞の名に恥じないように今後も精進していきたいと思います。

表彰式1.jpg

スポーツや文化活動で功績があった 小学生〜高校生まで56個人10団体が表彰を受けました。
高井教育長はじめ、県教育委員会の先生方の前で団体の紹介が行われました。

表彰状.jpg

頂いた表彰状です。

記念撮影.jpg

表彰式のあと、部門ごとに記念撮影が行われました。
posted by 三田祥雲館 at 18:16 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年11月29日

三田祥雲館高校主催 兵庫「咲いテク」プログラムを実施しました。

 11月25日(土)、人と自然の博物館にて、三田祥雲館高校主催の兵庫「咲いテク」プログラムを実施しました。本校を含め県内の6校の高校から17名の高校生と8名の教員が参加し、「シミュレーションで読み解く地域の自然環境」をテーマに、地理情報システム(GIS)の基礎知識と技能を学びました。自分たちが観測したデータを地図上に反映させる方法やインターネットに公開されている様々なデータを抽出し地図上に重ね合わせることで地域の特性を考察する方法などを習得することができ、それぞれの学校で取り組んでいる課題の解決に利用できる大変有意義な研修となりました。

DSC_5589.jpgDSC_5600.jpg

 この研修は人と自然の博物館の三橋弘宗先生にご指導いただきました。三橋先生、ご協力いただいた人と自然の博物館の皆様、ありがとうございました。
posted by 三田祥雲館 at 21:18 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年11月22日

SS探究T ディベート講座 〜採点の方法と情報収集活動〜

11月15日(水)

今日は2時間連続のSS探究Tの授業でした。
今回の授業の主な内容は「ディベートの採点方法」「ディベート・マッチのテーマ決定」「情報収集活動」でした。

まず3限目は,担当の先生からディベートの採点方法についてお話がありました。

DSCN5474.JPGDSCN5480.JPG

まずは前回の即興ディベートの反省を踏まえて,
「では,よりよいディベートをしていくためにはどうすればいいのか」ということの話がありました。
即興ディベートであまり話がつながらなかったのには「調べる」という作業がなかったからで,
知識がないときにより正確な話をするためには,「情報収集活動」が大切になるという話をされました。

また,採点方法を強く意識することで,第三者はどこに重点を置いているのかが分かり,
なおかつ,自分たちの意見を明瞭にするためのヒントでもある。という話がありました。

そののち,各教室に移動してテーマを決定しました。

テーマは,
「大学入学共通テストを廃止し,センター試験を復活すべきである。是か非か。」
「日本は男性の育児休暇を義務化するべきである。是か非か。」
「救急車は有料化するべきである。是か非か。」

など。他にもさまざまなテーマがあります。他のテーマはまたご紹介します。
さまざまなテーマで,活発なディベートができることを期待しています。

ディベートのテーマが決まったら
主に4限目は情報収集を行うために,マルチメディア・情報教室や図書館に行きました。

DSCN5493.JPGDSCN5488.JPG

みんな蔵書検索を駆使してしっかり調べられています。
次回は今回調べたものや家で調べてきたものを持ち寄って,
「何を立論するのか」「反対尋問ではどのようなことをつくべきか」というのを相談していきましょう。
posted by 三田祥雲館 at 22:32 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年11月12日

速報「2018信州全国総合文化祭」出場権獲得! 自然科学部門

11月11・12日「第41回兵庫県高等学校総合文化祭自然科学部門発表会」が行われました。本校からは、「天文部」「理科部」が研究発表を行いました。

20171112_041040981_iOS.jpg20171111_010139275_iOS.jpg

11日は「口頭発表」が行われ、全国大会への出場権が競われます。
「太陽フレアから地球を守れ!」天文部
20171111_025504935_iOS.jpg20171111_025553329_iOS.jpg
20171111_025810664_iOS.jpg20171111_030338472_iOS.jpg
太陽フレアの出現状況について、過去41年間の膨大なデータを解析、黒点の磁場タイプ、面積、寿命等より、大規模フレアに関する発生を予測。地球に影響をもたらすであろう太陽フレア発生に関する「祥雲館発の宇宙天気予報に挑戦したい!」と研究発表を行いました。

12日は、「パネル発表」が行われました。
「活動報告&カラートラッキングシステム等」理科部
20171112_012235295_iOS.jpg20171112_012627755_iOS.jpg
20171112_012803921_iOS.jpg20171112_012733649_iOS.jpg
「1年間の活動報告」「コオロギの闘争行動の研究:生物班」「カラーボール追跡システムの研究:物理班」等、2017年に進めてきた研究内容を発表しました。

「太陽フレアから地球を守れ!」天文部
20171112_010653528_iOS.jpg20171112_010757077_iOS.jpg
20171112_010857687_iOS.jpg20171112_010943849_iOS.jpg
口頭発表では伝えきれなかったデータや動画等を各種資料を提示し、ポスターセッションを行い、多くの方とディスカッションを行うことが出来ました。

結果発表
口頭発表 地学部門 最優秀賞 「三田祥雲館高校 天文部」
20171112_065926460_iOS.jpg20171112_065944149_iOS.jpg

「2018信州総文祭 自然科学部門」は、8月7日より諏訪東京理科大学(茅野市)で行われます。
データ解析と共に、自分たちが観測しているHα線による太陽フレアの観測データを利用し「祥雲館発の宇宙天気予報」を成功させましょう。
posted by 三田祥雲館 at 20:11 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年11月09日

SS探究T ディベート講座 〜即興ディベート〜

11月8日(水)

SS探究Tです。今日はディベート講座の即興ディベートが行われました。
即興ディベートのテーマは「授業や自宅学習において紙の辞書を使用するべきである。是か非か。」というテーマで行いました。

ディベートを小学校や中学校したことがある人が半数いる一方で,ディベートをしたことがない人もいて,
そのやり方に戸惑っている人も見られました。

しかし,相手の意見(立論)に対して,しっかり反対尋問できているグループもありました。
肯定側からは
「紙の辞書は例文や関連の用語も載っていて,勉強になる」という立論に対して,
「今の電子辞書やインターネット上の辞典でも例文や関連の用語を調べることが出来るのではないですか」という反対尋問や

否定側からは
「紙の辞書と比べて,電子辞書には様々な辞書が付いていて安い」という立論に対して,
「本当に使っている辞書だけを見ると高くなるのではないですか」という反対尋問が見られました。

DSCN5347.JPGDSCN5397.JPG

しかし,この先のディベートをより深いものにするためには,

「どれぐらいの電子辞書やインターネット上の辞典に関連の用語があるのか。また,紙の辞書と比べて少なくないか。」
「電子辞書についている辞書を全て買おうとすると,どれぐらいかかるのか。もしくは,高校生がよく使う辞書を全て買おうとすると,どれぐらいの値段がかかるのか」

ということまでしっかり「調べる」ことでより深いディベートになります。
即興ディベートの反省点をしっかり生かして,ディベート・マッチに生かしていきましょう。

DSCN5407.JPGDSCN5394.JPG

上の写真はディベートをしている様子をしっかりメモを取っている様子です。
ワークシートにオーディエンスとして見た即興ディベートの良かった点・改善点を書き込んでいます。
posted by 三田祥雲館 at 19:10 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年11月07日

高大連携課題研究合同発表会in京都大学に参加しました

11月4日天文部は平成29年度高大連携課題研究合同発表会in京都大学に参加しました。

17110451.jpg
17110452.jpg

会場は京都大学のシンボル、時計塔がある百周年時計台記念館で行われました。兵庫県内の高校16校から25件の発表が集まりました。発表テーマは社会科学から自然科学まで広く、どの発表も興味深いタイトルが並んでいました。
 私たちは夏から研究を行ってきた「太陽フレアから地球を守れ!」でポスター発表を行いました。今回は1年生が中心となって発表しました。

17110453.jpg

発表は参加者の高校生の他、京都大学の先生方、大学院生の皆さんもアドバイス役として聞いてくださいました。地磁気の研究をしている方がおられ、非常に有意義なアドバイスをくださいました。
 11月11,12日に行われる県総合文化祭の発表につなげて行きたいと思っています。

posted by 三田祥雲館 at 09:03 | 兵庫 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年11月03日

SS探究T 第四期ディベート活動が始まりました

10月25日(水),11月1日(水)

テーマ新聞の発表会・講演会が終わり,SS探究Tは第四期のディベート講座に入りました。
まず,「ディベートとは何か」の指導から始まります。

DSCN4979.JPGDSCN4990.JPG

ディベートとは「言い争うこと」「相手を論破すること」「言い負かせれば勝ち」というイメージが強いのですが,
実際は論理的に組み立てて,勝ち負けを判定をする第三者を納得させた方が勝ちというものです。

DSCN5006.JPG

その中でも三田祥雲館高校のディベートは「立論」「反対尋問」「反駁」「最終弁論」の四段階に分けられています。
グループごとに協力しながら,自分たちの意見により説得力を持たせれるように,組み立てていきます。
実際にディベートが行われている様子を見てイメージを膨らませていきます。

DSCN5018.JPG

本番の「ディベート・マッチ」は12月と1月に行われますが,ディベート・マッチをよりよいものにするために,
次回の11月8日(水)には即興ディベートが行われます。
本来の即興ディベートはその場で題が与えられて,ディベートを行うことも少なくないのですが,
今回は初めてということもあり,まず立論・反対尋問・反駁・最終弁論を考えて,次回のディベートに備える形をとりました。

次回はグループで協力して,ディベートで「論理的に」話せるように頑張りましょう!
posted by 三田祥雲館 at 13:30 | 兵庫 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年10月27日

自然科学への誘い「ゲームの勝敗」「体験!多項式補間」講義

 10月20日午後、授業「自然科学への誘い」の数学分野の講義が行われました。講師は関西学院大学理工学部北原和明先生です。テーマは「ゲームの勝敗」、「体験!多項式補間」の2つでした。

IMG_2183.JPG

 「ゲームの勝敗」では、デンマークの物理学者 Piet Heinによって発明された“ヘックスゲーム”を例に、体験を交えながらゲーム必勝法を探りました。

IMG_2184.JPG

 また、「体験!多項式補間」では関数 y=|x|のグラフ上の7個の点をうまく選び、 ラグランジュ補間多項式と|x|の誤差をどれだけ小さくできるか、ということを7人編成の班対抗形式でコンテストを行いました。テーマだけ見た時は、理解できるか不安でしたが、実際に手を動かして体験しながら学ぶことができ、2時間があっという間に過ぎていきました。今後の探究活動に活かしていければ、と思います。

IMG_2188.JPG

(生徒の感想より)
今日の講演会では、数学に関して今までよりも楽しいと思い、興味を持つことができるようになりました。特に「n+1個の点をグラフ上に指定するとそこを通るn次関数がただ1つ決定される」ということに関しては、自分でより詳しく勉強して確認してみたいと思いました。またゲームの勝敗についての予想は、今まで取り組んでいた数Aの範囲と同じように求められ、同じようなルールのゲームをするときに必勝法を考えるようにしたいです。
今まで習ってきている数学はかなり昔のものだということは何度か聞いたことがありましたが、数学という学問自体は完成されたものではないということを聞いて驚きました。数学は知れば知るほど深みが増していくおもしろい学問なんだなと思います。最先端の数学を知るためには、まず高校で習う数学を完璧にできるようにしないといけないと思うので、そうなるように取り組んでいきます。今日のことをこれからの学習の意欲向上につなげていきたいです。
身近に数学はたくさん存在していて、それを活かせることがたくさんあると思いました。オセロもたまに何気なくしているけど、それにも石取りゲームやヘックスゲームのように先手か後手かが有利になるものかもしれないと思いました。数学は今まで授業で学んでいるだけだったけど、身近な数学を発見するととても面白かったです。高校生活などで発見して興味深かったら研究して大学でも生かしていきたいです。
posted by 三田祥雲館 at 09:03 | 兵庫 | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年10月25日

天文部「兵庫県教育長賞」受賞!(日本学生科学賞兵庫県コンクール)

10月22日 日本学生科学賞兵庫県コンクールの表彰式がバンドー神戸青少年科学館で行われました。
天文部は昨年度から継続して行っている太陽フレアの研究「太陽フレアから地球を守れ!」を出品し、兵庫県教育長賞を受賞しました。

17102541.jpg

今回のコンクールは物理、化学、生物、地学、広領域の5部門に、県内の中学校から59点、高校から18点の計77点の応募がありました。今後、論文を提出し予備審査を通過すれば12月22−24日に日本未来科学館で開催される中央最終審査会への出場が決定します。みやぎ総文に続く栄光目指して頑張りたいと思います!
posted by 三田祥雲館 at 22:41 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年10月13日

SS探究T発表会・講演会

10月11日(水)
SS探究Tの発表会および講演会が開催されました。
2週間前には講座内発表会をおこない,その中から選ばれた優秀者が本日の全体発表会で発表を行いました。
どの班も講座内発表会でやったときよりも,紙を見ずに発表できており,そして発表自体のスキルも非常に高くなっていました。

開会の言葉

00 開会の言葉.JPG


「科学の種新聞」テーマ名:自然科学と人間

IMG_0077.JPG


「教育レスキュー新聞」テーマ名:教育について考える

02 教育について考える.JPG


「未来の医療新聞」テーマ名:科学技術と生活

 IMG_0137.JPG


「アプリ経済新聞」テーマ名:政治・経済と暮らし

 IMG_0150.JPG


「SS探究T Cool Japan Times」テーマ名:国際社会の中の日本

IMG_0173.JPG


「人の道に光あれ」テーマ名:福祉と社会

06 福祉と社会.JPG 


質疑応答する生徒です。新聞を事前に読み込んで,その姿勢は真剣です。
 07 質疑応答.JPG


6組の代表班の発表を踏まえて,

(株)神戸新聞社企画総務局経営企画室グループ戦略担当の徳永恭子部長と

関西学院大学総合政策学部長の細見和志教授の二名に御講評をいただきました。

08 講評@.JPG09 講評A.JPG


新聞記事の見出しや新聞の具体的な内容に関するもの,また発表方法などに関するご指摘を頂きました。

今後の探究活動にしっかり生かしていきましょう。


昼休憩を挟んで大阪教育大学科学教育センターの仲矢史雄准教授から

「これからの時代をサバイバルするために −課題研究の進め方− 」

という演題でご講演をいただきました。

12 講演会@.JPGDSCN4832.JPG

DSCN4831.JPG13 講演会A.JPG


これから日本や世界がどのように変革していくかという話のあとに

「高校生が身に付けるべき力は何か」「探究活動を進めていく上では自分の興味のあることをとことん追究するのが大切」

「先輩のやってきたことをしっかり見つめ直して,課題を検討することも大切である」

など今後のSS探究TやU・Vでいかせることをご講演いただきました。


生徒もしっかりメモを取りながら,真剣に話を聞いていました。

これからの探究活動にしっかり生かしていきましょう。

11 聴衆A.JPGDSCN4828.JPG


謝辞
15 謝辞.JPG

閉会の言葉
16 閉会の言葉.JPG

これでSS探究Tの目玉の一つであるテーマ新聞の発表会・講演会が終わりました。
ここで身に付けた力を今後の探究活動や人生に生かしていきましょう。
今後はテスト明けの25日からはディベートが行われます。次は「議論する力」をしっかり養っていきましょう。
posted by 三田祥雲館 at 16:17 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年10月12日

「自然科学への誘い」後期ガイダンス

10月11日(水)放課後、
「自然科学への誘い」後期ガイダンスがありました。

DSCN4845.JPG

DSCN4850.JPG


みんな真剣な表情で説明を受けています。

この後、各自講座の選択を行い、受講になります。



posted by 三田祥雲館 at 11:54 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年10月03日

SS探究T「テーマ新聞 講座内発表会」

 9月27日(水)に1年次にテーマ新聞の講座内発表会を行いました。
 6月から新聞の作り方や材料の集め方などの指導を受けて,講座内発表会に臨みました。全部で6つのテーマがあり,「自然科学と人間」「科学技術と生活」「国際社会の中の日本」「政治・経済と暮らし」「福祉と社会」「教育について考える」に分かれて,5人1班でこれまで作業をしてきました。

 各班がしっかり仕上げた新聞を読んで、発表を聞きます。
DSCN3977.JPGDSCN4015.JPG

 新聞を使っての発表は慣れない生徒が大半ですが,指示棒などを上手に使い,工夫ができていました。
DSCN4019.JPGDSCN3995.JPG

 発表が終わったら,質疑応答に移りました。発表を聞いていて疑問に思ったこと,新聞を読んで疑問に思ったことを質問します。発表者はその質問に対して,丁寧に答えていました。
DSCN3972.JPGDSCN4060.JPG

 最終的に代表班は各講座から1班決定されます。しかし,代表班になれなかった班もこの先の第4期のディベートやSS探究Uではこれまで以上のよい発表ができるように,今回の経験を生かしていきましょう。
 10月11日(水)にあるSS探究T発表会・講演会においては,今回選ばれた代表班によるテーマ新聞の発表と講演会が予定されています。多くの参加をお待ちしております。
posted by 三田祥雲館 at 20:37 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年09月29日

探究V発表会

9月28日(木)3年次生が探究V発表会を行いました。
各講座で選ばれた代表者が、2年次より研究してきた内容を発表します。

開会式
1開会式DSCN4106.JPG

研究発表
DSC_4663.JPGDSC_4687.JPG

DSC_4688.JPGDSC_4691.JPG

DSC_4706.JPGDSC_4710.JPG

DSCN4178.JPGDSCN4160.JPG

DSCN4216.JPGDSCN4255.JPG

DSCN4268.JPGDSCN4272.JPG

閉会式
9閉会式DSCN4342.JPG

発表者は、研究内容を分かりやすく伝えるために、いろいろ工夫をしていました。
聞き手となる生徒からも、積極的に質問する姿が見られ、すばらしい発表会となりました。


posted by 三田祥雲館 at 10:39 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年09月23日

フレアループを観測しました。(天文部)

 日本時間で9月6日の夜に大規模な太陽フレアが発生し、地球に影響があるのでは?と大きなニュースとなりました。
 昨年度から太陽フレアを研究している天文部は9月9日(土)、10日(日)と2日間にわたって集中的に観測を実施しました。望遠鏡にHα線を観測できるフィルタを取り付け連続して太陽フレアを動画に撮りました。
 直接的な太陽フレアの光ではありませんが、フレアの後に起こるポストフレアループを捉えることが出来ました。画面右下のところで太陽表面が盛り上がっているのがわかります。

17092241.jpg

同じ頃に観測された方の画像では次のようにきれいにガスのループが見えています。
17092242.jpg
大島 修さんのホームページ http://www.sunfield.ne.jp/~oshima/ より引用
posted by 三田祥雲館 at 20:18 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年09月03日

「きらっと☆阪神北オータムフェスタ」に出展いたしました。

9月3日キセラ川西せせらぎ公園にて「HYOGO彩りフェスタ」が開催されました。

20170903_01.jpg20170903_02.jpg

その中で今年は私たち「理科部&自律制御ゼミ」が「ロボカップジュニアサッカーチャレンジ」の紹介をしました。

20170903_03.jpg20170903_04.jpg
競技で使用する自律型ロボット同士の模擬試合のほかに、自作したリモート型ロボットを使って「自律制御とリモート制御どちらが強い?」などのイベントを行いました。
20170903_06.jpg20170903_05.jpg
20170903_07.jpg20170903_08.jpg
多くの小学生の皆さんにも参加していただきました。

会場では私たちのほかにも川西明峰高校や有馬高校の出展もあり多くの高校生との交流もありました。
20170903_09.jpg20170903_10.jpg
20170903_11.jpg20170903_12.jpg20170903_13.jpg20170903_14.jpg
屋外ステージでは、川西明峰高校、伊丹市立伊丹高校、川西緑台高校の発表もあり秋空の下、1日楽しく過ごすことが出来ました。

posted by 三田祥雲館 at 21:24 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

2017年08月24日

解散式です。

KC3Z0161.jpg無事関西に到着し、7:20頃新大阪駅にて解散式を行いました。お疲れ様でした。無事におうちまでお帰り下さい。
posted by 三田祥雲館 at 19:40 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

新横浜駅です。

IMG_1302.JPG

無事企業訪問も終わり、新横浜駅に到着しました。今からお土産を買います。
posted by 三田祥雲館 at 15:54 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

引き続き日本科学未来館です。

KC3Z0158.jpg
posted by 三田祥雲館 at 12:12 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

日本科学未来館見学中です。

KC3Z0157.jpgKC3Z0152.jpg日本科学未来館の常設展を見学中です。
posted by 三田祥雲館 at 10:17 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール

日本科学未来館到着しました。

KC3Z01510001.jpgおはようございます。二日目、みんな元気です。今、日本科学未来館に到着しました。
posted by 三田祥雲館 at 09:41 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | スーパーサイエンスハイスクール